メインメニューを開く

北条氏貞

江戸時代中期の大名。狭山藩6代藩主

北条 氏貞(ほうじょう うじさだ)は、河内狭山藩の第6代藩主。

 
北条氏貞
時代 江戸時代中期
生誕 元禄16年(1703年
死没 宝暦8年4月27日1758年6月2日
改名 亀之助(幼名)、氏貞
戒名 広覚院殿信艘義堅大居士
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
官位 従五位下、美濃
幕府 江戸幕府
河内国狭山藩
氏族 後北条氏
父母 父:北条氏朝、母:秋月種信の娘・竹
兄弟 氏貞、民部、氏副、妹(稲垣定享室)、
妹(安藤次由室)、氏従氏比
妹(本多慮信室)、妹(土方雄房婚約者)
正室:大関増恒の娘・
娘(永井直国正室)、氏彦本多正喬(次男)、
氏挌(三男)、娘(石原正範室)、天王寺恭順
テンプレートを表示

元禄16年(1703年)、第5代藩主・北条氏朝の長男として生まれる。享保20年(1735年)に父が死去したため、家督を継ぐ。小田原以来の後北条氏譜代の家臣による藩政の専横を抑えきれず、藩政の腐敗が進んだ。窮余の一策として、一代家老に田中仙右衛門を登用して藩政改革を行なおうとしたが失敗する。1753年(宝暦3年)、北条氏とゆかりの深い願成就院の復興に着手する。重臣らとの対立は、宝暦8年(1758年)4月27日に氏貞が死去し、子の氏彦が跡を継いですぐに起こった狭山騒動の遠因となった。享年56。