メインメニューを開く

北條 美智留(ほうじょう みちる、新字体:北条1930年2月9日 - 2018年9月6日[1])は、日本の元女優、元声優。父は劇作家著述家北條秀司。本名は飯野美智留。神奈川県鎌倉市在住。

ほうじょう みちる
北條 美智留
本名 飯野 美智留(いいの みちる)
生年月日 (1930-02-09) 1930年2月9日
没年月日 (2018-09-06) 2018年9月6日(88歳没)
出生地 神奈川県足柄下郡小田原町
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ声優
著名な家族 北條秀司(父)
テンプレートを表示

略歴編集

神奈川県足柄下郡小田原町(現:小田原市)出身。1939年4月に父秀司が劇作家の専業になるために箱根登山鉄道を退社し東京市麻布笄町(現:港区西麻布4丁目)に転居した後、戦火が激しくなってきた1945年4月に足柄下郡箱根町強羅に疎開して3年間を過ごす。終戦後の1948年4月に鎌倉郡大船町山崎(現:鎌倉市)に転居した後、1952年3月に同じ鎌倉市内の現自宅に転居し、2018年に亡くなるまでの66年間をこの家で過ごした。

劇作家の一人娘として生まれ育ち、幼い頃から父の執筆活動のアシスタントをしながら東京都内の俳優養成所に通い、父の仕事先であった新国劇劇団若獅子で舞台女優として活躍する傍ら1950年代から1980年代にかけて映画女優や外国ドラマ、CM、アニメの声優としても活躍した。

舞台活動に専念するため、声優活動は1980年代に廃業している。舞台女優としての活動も後進の育成指導のために1990年頃より徐々に出演を減らすようになり、1996年の父の死去後に引退。

女優引退後は自宅で父の遺品と著作物の管理を行っていたが、2003年より東海大学情報史料学研究所の協力の下で父の著作物の展示会や演劇を開催するようになってからはイベントの監修などに携わるようになる。

また、俳優の緒形拳とは緒形の次兄が美智留と俳優養成所の同期であったことや緒形自身が新国劇に在籍していた一時期、北條家に居候していたり芸名を付けてもらった間柄で大変親しい仲であり、2004年11月3日には東海大学内で緒形と共にトークイベントを開いている。

晩年まで高齢ながら東海大学の研究員と共に自宅で父の遺品や著作物の管理、展示会や舞台作品の監修や演出、講演などを中心に活動していた。

2018年9月6日死去。88歳没。

出演作品編集

映画(女優)編集

アニメ(声優)編集

※太字は主人公役

吹き替え(声優)編集

※太字は主人公役

人形劇(声優)編集

その他(舞台、展示会監修など)編集

  • 劇作家 北條秀司展(2003年
  • 北條秀司の舞台(2004年
  • 北條秀司をめぐる人びと(2007年
  • 劇作家北條秀司 箱根への憶(おも)い(2008年
  • 王将 -坂田三吉の生涯-(2009年2011年

注釈編集

  1. ^ 大粒涙雨の北條邸…。”. 大学教授のつぶやき by 情報史科学研究所 (2018年9月12日). 2019年3月17日閲覧。
  2. ^ 0戦はやと”. メディア芸術データベース. 2016年9月7日閲覧。

外部リンク編集