メインメニューを開く
北沢浮遊選鉱場の遺構。右側は明治期に建設された旧北沢火力発電所。

北沢浮遊選鉱場(きたざわふゆうせんこうば)は、新潟県佐渡市(旧相川町)にかつて存在した、佐渡金山(相川金銀山)の選鉱所である。

概要編集

北沢地区では1937年昭和12年)の日中戦争開始に伴う国策の増産体制の一環として同年から1940年(昭和15年)にかけて大規模な選鉱施設が整備され[1]、当時としては最新の技術である浮遊選鉱を行う選鉱場のほか、シックナー(濃縮器)が建設された[1]。月間5万トンの原鉱を処理する大選鉱場として操業され、1940年には佐渡鉱山史上最高産出量を実現した[1]

しかし1952年(昭和27年)の鉱山大縮小に伴い施設は廃止[1]。その後は跡地の一部にプールゴルフ練習場が建設されたこともあった[2]

現在では浮遊選鉱場は階段状のコンクリート躯体のみが残され、シックナーは50 mのものが1基残っている[1]。また、明治期から整備された旧北沢青化・浮選鉱所や旧北沢火力発電所の遺構も隣接して残っている[1]

2010年には広場が整備され、グッドデザイン賞を受賞している[2][3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集