メインメニューを開く

相川町(あいかわまち)は、かつて新潟県佐渡郡におかれていた佐和田町への通勤率は11.6%(平成12年国勢調査)。江戸時代には佐渡金山佐渡奉行所がおかれ、佐渡国の中心であった。明治以降は佐渡観光の中心地として栄えた。2004年3月1日佐渡全域での合併により佐渡市の一部になった。

相川町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併
佐渡島内 全10市町村 → 佐渡市
現在の自治体 佐渡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
都道府県 新潟県
佐渡郡
団体コード 15601-9
面積 192.3km2
(境界未定部分あり)
総人口 9,669
(2000年10月1日)
隣接自治体 両津市金井町佐和田町
町の木 マルバシャリンバイ
町の花 イワユリ
相川町役場
所在地 952-1592
新潟県佐渡郡相川町大字塩屋町26
(現在の佐渡市相川支所)
外部リンク 相川町ホームページ
(国会図書館WARP)
相川町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

町域は、佐渡の北西海岸にそって細長く延びていた。内陸は大佐渡山地で、海岸近くまで山が迫っていた。南端が比較的なだらかな地形で、佐渡金山(相川金山)と町役場があった。

隣接していた自治体編集

歴史編集

行政編集

  • 町長 - 彈正佼一(2000年10月 - 2004年3月)

経済編集

産業編集

姉妹都市・提携都市編集

友好町編集

地域編集

健康編集

教育編集

交通編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

佐渡奉行所跡ほかの鉱山関連遺跡が「佐渡金銀山遺跡」の名称で文化財保護法による国の史跡に指定[1]。また、相川地区の630.1ヘクタールが「佐渡相川の鉱山及び鉱山町の文化的景観」の名称で同法による国の重要文化的景観として選定されている[2]

出身有名人編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目編集

外部リンク編集