北洋大通センター

北洋大通センター(ほくようおおどおりセンター)は、札幌市中央区大通西3丁目にある高層ビル2010年平成22年)3月31日竣工。同年5月6日にプレオープンし、9月23日にグランドオープンした。

北洋大通センター
Hokuyouodori center.jpg
北洋大通センターの位置(札幌市内)
北洋大通センター
北洋大通センター
施設情報
所在地 北海道札幌市中央区大通西3丁目7番地
座標 北緯43度3分41.1秒
東経141度21分9秒
座標: 北緯43度3分41.1秒 東経141度21分9秒
状態 完成
建設期間 2008年平成20年)1月 - 2010年平成22年)4月6日
用途 銀行、オフィス、商業施設、駐車場
地上高
屋上 96 m
最上階 19階
各種諸元
階数 地上19階(うち塔屋1階)、地下4階
延床面積 59,000
エレベーター数 7
関連企業
設計 日建設計・北海道日建設計・ドーコン特定共同企業体
施工 大林伊藤岩田地崎丸彦渡辺中山田中共同企業体
所有者 北洋銀行交洋不動産
建設中の北洋大通センターと大通公園
札幌駅前通地下歩行空間からの出入口

目次

概説編集

北洋銀行の本店ビル(大通西3丁目、1976年昭和51年)2月竣工)は老朽化が進んでいた。1998年平成10年)に破綻した北海道拓殖銀行の旧本店ビルは「北洋大通ビル」と改名して長らく保存されてきた[1]が、こちらも老朽化していたことがあったため、拓銀の清算が終結した後の2007年平成19年)に解体された。総工費約180億円で北洋銀行の新たな本部ビルを建設することとなり、「札幌ビジネスセンタービル」という仮称で計画を進めてきた[2]。正式名称が決まり[3]2008年平成20年)3月に着工した。前述の通り2010年平成22年)3月に竣工し5月6日プレオープン、仮店舗で営業していた大通支店が5月6日に復帰したのに続き、2010年平成22年)7月までに北洋銀行の本部機構を本店ビルより移設。9月23日に2階〜4階部分が開業しグランドオープンした。2011年平成23年)1月11日に本店営業部も移転し、大通支店と統合される。なお移転後の本店ビルの扱いは今後検討するとしている[4]

敷地面積は4,700m2、総床面積は59,000m2、規模は地上19階・地下4階・最高高さ96mで、オフィスビルとして大通地区では初の高層ビルとなる。外装は鉄骨・鉄筋コンクリート造で、窓ガラスはダブルスキン構造を採用。空調は自己熱源複熱方式。札幌都心まちづくりにおける「にぎわいの軸」(札幌駅前通)と「はぐくみの軸」(大通)が交差する位置にあり、賑わいの拠点となる。テナントオフィス部は1フロア1,700m2の無柱空間とし、4,164坪(10,500m2)を供給する。2010年度の札幌市における新規供給オフィスはこのビルのみとなる。

  • 地下4階 - 地下3階 駐車場・機械室
  • 地下2階 - 地下1階 商業施設・北洋銀行ATM・駐車場
  • 地上1階 - 地上4階 商業施設・北洋銀行店舗
  • 地上5階 機械室
  • 地上6階 - 地上12階 北洋銀行本部
  • 地上13階 - 地上18階 テナントオフィス
  • 地上19階 塔屋[5]

札幌市営地下鉄大通駅に直結する他、地下2階の「札幌駅前通地下歩行空間」(2011年3月12日完成)に接続している。

地下2階と地上1階 - 4階は、約30店で構成される「大通ビッセ」という商業施設となる(事業主:交洋不動産)。

入居施設編集

主要テナント編集

ショップ等(大通ビッセ)編集

1階 ビッセスイーツ
地下2階

沿革編集

  • 4月6日 - 竣工。
  • 5月6日 - 「大通ビッセ」地下1階・地下2階部分がオープン。
  • 9月23日 - グランドオープン。

周辺施設編集

脚注・出典編集

  1. ^ 1999年平成11年)に法人解散し清算会社となった拓銀はここで清算事務を行っていた。
  2. ^ 「(仮称)札幌ビジネスセンタービル」新築工事着工のお知らせ (PDF) 株式会社北洋銀行 平成20年3月10日
  3. ^ 北洋大通センター着工 『札幌経済新聞』 2008年3月13日
  4. ^ 北洋銀本店 来年1月11日移転 大通センターへ(7月30日、北海道新聞)
  5. ^ 北海道放送(HBC)の本社にあったお天気カメラが移設して設置されている。HBCライブカメラ サッポロ都心部

外部リンク編集