メインメニューを開く

北港鎮(ベイガン/ほっこう-ちん)は台湾雲林県

中華民国 台湾省 雲林県の旗 雲林県 北港鎮
別称: 笨港
Daytime of PEIKANG CHAOTIEN TEMPLE 北港朝天宮(白天).jpg
地理
Unrin hokkoutin.svg
位置 北緯23°35'
東経120°20'
面積: 41.4999 km²
各種表記
繁体字: 北港鎮
日本語読み: ほっこう
漢語: Bĕigāng
通用: -
注音符号: ㄅㄟˇ ㄍㄤˇ
片仮名転写: ベイガン
台湾語: Pak-káng
客家語: Pet-kóng
行政
行政区分:
上位行政区画: 台湾省 雲林県の旗 雲林県
下位行政区画: 28里408鄰
政府所在地: -
北港鎮長: 張勝智
公式サイト: 北港鎮公所
情報
総人口: 40,988 人(2016年1月)
世帯数: 15,886 戸(2016年1月)
郵便番号: 651
市外局番: 05
北港鎮の木: -
北港鎮の花: -
北港鎮の鳥: -

1694年に台湾の媽祖廟の総本山といわれる北港朝天宮が建立されて以来、門前町として栄えてきた。日本統治時代日光に擬えて「台湾の日光」と呼ばれることがあった。

地理編集

北港鎮は雲林県の南西に位置し、東南は北港渓を隔てて嘉義県新港郷及び六脚郷と、北西は水林郷及び元長郷と接している。

歴史編集

北港鎮は旧称を「笨港」と称した。1683年康熙22年)より福建沿海からの移民が入植し、また公館を設けて租税を徴収するようになった。1731年雍正9年)には笨港鎮丞を設置し入津する船舶の管理を行なっていた。乾隆初年には釐金局が設置されると、この地域には街区が設置されるようになった。1893年光緒23年)に台中県北港弁務が設置されるなど、清代を通じて繁栄した地域となっていた。日本統治時代は幾度かの行政改革が加えられた結果、台南州北港郡北港街となったが、戦後の1946年1月19日に廃止され、代わって台南県北港区北港鎮が設置された。1950年10月の地方行政区改革に伴い区が廃止され、北港鎮と改められ雲林県に帰属するようになり現在に至っている。

経済編集

行政区編集

大北里、大同里、中和里、仁安里、仁和里、公館里、水埔里、光民里、光復里、東陽里、東華里、南安里、義民里、共栄里、賜福里、華勝里、新街里、劉厝里、後溝里、新厝里、府番里、草湖里、溝皀里、番溝里、好収里、樹脚里、扶朝里、西勢里

歴代鎮長編集

氏名 所属政党
初代 陳向陽 無所属
第2代 陳向陽 無所属
第3代 陳向陽 無所属
第4代 蔡科 無所属
第5代 許禛興 無所属
第6代 王應東 無所属
第7代 許禛興 無所属
第8代 丁鎮民 無所属
第9代 許石井 無所属
第10代 許石井 無所属
第11代 詹春泉
第12代 蘇晉卿  中国国民党
第13代 蘇晉卿  中国国民党
第14代 徐忠徹  中国国民党
第15代 徐忠徹  中国国民党
第16代 蕭永義 無所属
第17代 張勝智  民主進歩党

教育編集

交通編集

 
嘉義客運北港バスターミナル
種別 運營事業者 系統 行先 備考
バス 嘉義客運 7201 嘉義-北港 月眉経由
バス 嘉義客運 7202 嘉義-北港 民雄経由
バス 嘉義客運 7235 高鉄嘉義站-北港 故宮南院経由
バス 嘉義客運 7218 北港-土庫 客子厝(セキ)経由
バス 嘉義客運 7219 北港-土庫 内寮経由
バス 嘉義客運 7220 北港-東勢厝 渓底経由
バス 嘉義客運 7221 北港-台西 三條崙経由
バス 嘉義客運 7222 北港-三條崙 箔子寮経由
バス 嘉義客運 7223 北港-金湖
バス 嘉義客運 7224 北港-宜梧
バス 嘉義客運 7226 朴子-北港 雙渓口経由
バス 嘉義客運 7231 朴子-北港 六脚経由
省道 なし なし 台19線

観光編集

外部リンク編集