北濃鉄道(ほくのうてつどう)は、大正時代から昭和時代初期、現在の岐阜県山県市に計画されていた鉄道である。

路線データ(計画時)編集

歴史編集

  • 1924年大正13年)5月5日: 北濃電気鉄道に対し鉄道免許状下付(動力電気)[1]
  • 1926年(大正15年)11月:北濃鉄道会社設立[2]
  • 1930年(昭和5年)1月28日:破産宣告[3][4]
  • 1935年(昭和10年)5月10日:会社設立無効判決[3]
  • 1935年(昭和10年)5月30日:会社解散(登記)[3]

鉄道敷設免許は会社破産後も存在していた[5]、1953年に失効(権利主体の消滅)により鉄道免許状の返戻を求めたが会社清算人居所不明であった[3]

その他編集

  • 1931年(昭和6年)の「人事興信録」によれば、伯爵後藤保弥太社長として記載されている。後藤象二郎の孫に当たる。
  • 武儀郡北武芸村は、現在の山県市佐野、徳永、笹賀、田栗、椿付近。
  • 大正時代初期、山県郡高富町と武儀郡西武芸村(後の山県郡美山町、現山県市岩佐、中洞)を結ぶ、武藝軽便鉄道(1913年7月1日免許1915年6月23日失効)[6]も計画されていた。

脚注編集

  1. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1924年5月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第37回(昭和4年)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ a b c d 「北濃鉄道免許状返納ノ件」『北濃鉄道・昭和二十九年』6頁(国立公文書館デジタルアーカイブ で画像閲覧可)
  4. ^ 「破産宣告」『官報』1930年2月1日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『地方鉄道及軌道一覧. 昭和18年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 「軽便鉄道免許失効」『官報』1915年6月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)