メインメニューを開く

北進駅

北進駅(ほくしんえき)は、北海道白糠郡白糠町上茶路にあった日本国有鉄道(国鉄)白糠線廃駅)である。白糠線の廃線に伴い1983年(昭和58年)10月23日に廃駅となった。同線の終着駅であった。

北進駅
北進駅ホームを北側から望む
北進駅ホームを北側から望む
ほくしん
Hokushin
下北進 (2.4km)
所在地 北海道白糠郡白糠町上茶路基線
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 白糠線
キロ程 33.1km(白糠起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1972年昭和47年)9月8日
廃止年月日 1983年(昭和58年)10月23日
備考 白糠線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
駅周辺を写した航空写真。画像中央が北進駅、左下方向が白糠駅方面、右上方向が足寄駅方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目次

概要編集

1964年(昭和39年)に白糠駅 - 上茶路駅間で営業を開始し、1970年(昭和45年)にここまでの工事が完成していた白糠線であったが、既に炭鉱の閉山もあって利用客は見込めず、国鉄は開業を渋っていた。そんな中、時の運輸大臣がゴリ押しをする形で、1972年(昭和47年)にようやく開業にこぎつけた。

周辺の人口もわずかで、列車本数も1日3往復であったため、若干学生の利用があるだけだったといわれている。 結局、日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)が1980年(昭和55年)に施行され、それに基づき特定地方交通線として白糠線が地方閑散路線廃止の最初の事例になったこともあり、1983年(昭和58年)に廃止された。営業期間はわずか11年であった。

駅構造編集

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅で、同線の終端駅であった。ホームは線路の西側(北進方面に向かって左手側)に存在した。開業時からの無人駅で駅舎はないが、ホーム北側の出入口から少し離れた場所に待合室を有した[1]

線路を延伸できる用地もあり、明らかに工事中の路線の暫定的終点の様相であった。

駅名の由来編集

開業前の仮称は釧路二股(くしろふたまた)であったが、開業時に北進と改められた。

一般的な説ではここから先、北へ進んで発展させる期待[1]、また池北線足寄駅までの延伸に期待して、との命名であったとされているが、付近の学校が白糠線開業前から北進小中学校(2001年閉校)を名乗っているなど、字名であった可能性も指摘されている。

利用状況編集

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は4人[1]

駅周辺編集

歴史編集

駅跡編集

2001年時点で細長い空地になっており、この時点で跡形もない[2]。2010年時点でも同様で[3]、2011年時点で遺構は残っていない[4]

また2001年時点では、駅跡の近くに「第二十三茶路川橋梁」などが残存している[2]。2011年時点でも同様で、道路橋として利用されている[4]

隣の駅編集

日本国有鉄道
白糠線
下北進駅 - 北進駅 - (未成区間)<鯉方信号場(計画・仮称)>[4] - 茂螺湾駅(計画・仮称)[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)141ページより。
  2. ^ a b 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2001年1月発行)49ページより。
  3. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)70-71ページより。
  4. ^ a b c d 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)146、156ページより。

関連項目編集