メインメニューを開く

北陸観光フリーきっぷ(ほくりくかんこうふりーきっぷ)は東海旅客鉄道(JR東海)が2008年夏から発売している特別企画乗車券である。名古屋市内浜松駅または静岡駅から北陸のフリーエリアまでの往復がセットになった割引きっぷであり、フリーエリア内は乗り降り自由である。

この記事では2007年秋から2008年春まで発売されていた富山フリーきっぷについても述べる。

目次

概要編集

静岡駅浜松駅名古屋駅からフリーエリアまでの往復は特急しらさぎ」または「ひだ」の普通車指定席が利用できる。ただし、利用できるのは行きが「ひだ」、帰りが「しらさぎ」の「ひだ&しらさぎコース」または行きが「しらさぎ」、帰りが「ひだ」の「しらさぎ&ひだコース」の2通りのみであり、往復ともに「ひだ」または往復ともに「しらさぎ」という経路は利用できない。静岡駅・浜松駅 - 名古屋駅 ‐ 米原駅間を東海道新幹線ひかり」「こだま」の普通車自由席を利用し、米原駅で「しらさぎ」と乗り継ぐことも可能である。

フリーエリア外は原則として下車前途無効であるが、下呂駅高山駅飛騨古川駅に限り途中下車が可能である。この場合指定席を分割して利用することもできる。例えば、名古屋駅から富山駅まで「ひだ」を利用し、高山駅と飛騨古川駅で途中下車する場合、「名古屋 - 高山」、「高山 - 飛騨古川」、「飛騨古川 - 富山」の指定券が発行される。

フリーエリア内は特急列車を含む普通車自由席が4日間乗り降り自由である。フリーエリアは西日本旅客鉄道(JR西日本)、IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道の以下の区間である。

指定された観光案内所で当きっぷを提示すると観光施設の割引特典ガイドブックを受け取ることができる。

金額・有効期間編集

  • 「ひだ&しらさぎコース」、「しらさぎ&ひだコース」ともに大人用は名古屋市内発は15,430円、浜松発は17,490円、静岡発は18,510円、子供用はそれぞれ半額である。4日間有効。2014年4月の消費税増税に伴い、現在の価格になった。
  • 通年で発売している。
  • 多客期には利用できない。

富山フリーきっぷ編集

水害のために一部の区間が不通になっていた高山本線が2007年秋に全線復旧したのを記念して、期間限定で「富山フリーきっぷ」がJR東海から発売された。フリーエリアは富山県内のみであるが、名古屋市内からフリーエリアまでの往復がセットになっており行きと帰りの一方が「ひだ」利用で他方が「しらさぎ」利用である点などは「北陸観光フリーきっぷ」と同じである。ねだんも同額の15,000円(子供用は半額)である。利用期間は2007年9月8日から12月26日までおよび2008年2月9日から6月30日までの期間限定(ただし多客期には利用できない)である。

「北陸観光フリーきっぷ」との主な相違点は、フリーエリアの範囲、有効期間が3日間であること、指定された観光施設や飲食店で直接きっぷを提示することで割引等の特典が受けられることである。

フリーエリアは鉄道・バスの以下の区間である。

外部リンク編集