Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼城端線を走る新しい塗装のラッピング列車の画像提供をお願いします。2013年2月

城端線(じょうはなせん)は、富山県高岡市高岡駅から富山県南砺市城端駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線地方交通線)である。

JR logo (west).svg 城端線
高岡駅で発車を待つ城端線の列車
高岡駅で発車を待つ城端線の列車
基本情報
日本の旗 日本
所在地 富山県の旗 富山県
起点 高岡駅
終点 城端駅
駅数 14駅
開業 1897年5月4日
最終延伸 1898年1月2日
所有者 JR logo (west).svg 西日本旅客鉄道
運営者 JR logo (west).svg 西日本旅客鉄道
JR logo (freight).svg 日本貨物鉄道
車両基地 金沢総合車両所富山支所高岡運転派出
使用車両 運行形態・使用車両の節を参照
路線諸元
路線距離 29.9 km
軌間 1,067 mm狭軌
線路数 単線
電化方式 全線非電化
閉塞方式 特殊自動閉塞式
保安装置 ATS-SW
最高速度 85 km/h
路線図
鉄道路線図 JR城端線.svg
テンプレートを表示

目次

概要編集

散居村チューリップ栽培で有名な砺波平野を縦貫する地域輸送路線で、終点の城端駅からは世界遺産である白川郷・五箇山の合掌造り集落へのバスが発着している。

沿線に高等学校が多数存在するため、朝夕における学生の利用が中心である。

1980年、沿線にチューリップ畑があることや城端を「常花」にあやかり、フラワーライン常花線としてイメージアップを展開し、各駅に特徴のあるや樹木類を設置していた[1]

なお、2015年3月14日の北陸新幹線開業を控えて、2010年にJR西日本の佐々木隆之社長は、赤字対策として城端線を廃止してバス転換を行うか、本数削減などを含めて地元自治体と協議したいとしていたが[2]、2012年1月28日に北陸新幹線金沢開業後も引き続きJR西日本が運営するとともに、運転本数についても大幅な変更はないと発表した[3]。このため、本路線は、氷見線のほかにはJRの在来線と接続しない路線となる[4]

高岡市では各種団体等からの提案を受けて、城端線と氷見線の直通化、万葉線高岡軌道線からの乗り入れ、城端線の一部電化を検証したことがある[5]。この城端線・氷見線直通化は、臨時列車のみながら、2015年10月10日から運転を開始した後述の観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)で実現している。

全区間をJR西日本金沢支社北陸広域鉄道部が管轄している。

路線データ編集

  • 管轄・路線距離(営業キロ):
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:14(起終点駅含む)
    • データで見るJR西日本」においての城端線の駅数は、起終点駅を駅数に含む一方で、新高岡駅を北陸新幹線の駅として計上しているため、所属駅を13駅としている。なお、起点の高岡駅はかつては北陸本線の所属[6]であったが、同線のあいの風とやま鉄道への移管により、JRの駅としては城端線所属に変更された。
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)
  • 運転指令所:金沢総合指令所(北陸広域鉄道部高岡CTC)
  • 最高速度:85km/h
  • 平均通過人員(平成27年度):2,787人/日[7]

運行形態・使用車両編集

停車場・施設・接続路線
 
氷見線 あいの風とやま鉄道線
   
   
0.0 高岡駅高岡運転派出[# 1]
     
高岡駅停留場 万葉線高岡軌道線
 
あいの風とやま鉄道線
   
カネボウ製薬専用線
 
 
 
 
北陸新幹線
 
 
 
 
1.8 新高岡駅
 
2.2 黒田仮停車場 1897-1898
 
3.3 二塚駅 (II)
   
中越パルプ工業専用線
 
3.8 二塚駅 (I) -1902
 
4.6 林駅
 
7.3 戸出駅
 
10.7 油田駅
 
13.3 砺波駅
 
15.5 東野尻駅
 
17.0 高儀駅
   
加越能鉄道加越線
 
 
 
 
 
 
19.4 福野駅
   
加越能鉄道:加越線
 
22.0 東石黒駅
 
24.7 福光駅
 
27.5 越中山田駅
 
29.9 城端駅

  1. ^ 金沢総合車両所
    富山支所高岡運転派出

旅客列車編集

定期列車は普通列車のみで、1時間あたり1 - 2本程度の運転である。朝5時台の砺波発高岡行きを除いて、全列車が高岡駅 - 城端駅間を運行する。朝ラッシュ時は、平日は上り2本が、土曜日は上り1本があいの風とやま鉄道線富山駅まで直通運転している。以前は早朝の1往復は休日運休であったが、大学入試センター試験2日目は臨時列車として運転されていた。2015年3月14日に全列車が毎日運転に統一された。

車両は、金沢総合車両所富山支所[8][9]所属のキハ40形・キハ47形気動車が運用されている[10]。原則としてワンマン運転の1 - 2両編成で運転されているが、ラッシュ時やイベント時には車掌乗務の2 - 4両編成で運転されている。2004年3月27日からは漫画『忍者ハットリくん』のキャラクターが描かれた「忍者ハットリくん列車」にて運行されることがあり、2012年10月14日からは氷見線・城端線沿線の4市町のキャラクターをデザインした列車として高岡市の「あみたん列車」、11月5日からは砺波市の「チューリップ列車」、12月10日から南砺市の「NANTO君列車」、氷見市の「キット君列車」が運行されており、車両充当は運行当日高岡駅の改札前のディスプレー画面で確認できる。

2015年10月10日より観光列車として、臨時快速「ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)が運行されている[11]。当初は、毎週土曜日に新高岡駅・高岡駅 - 氷見線氷見駅間で、毎週日曜日に高岡駅 - 城端駅間で運行[12]していたが、2017年3月4日以降は毎週土曜日が高岡駅 - 城端駅間、毎週日曜日が新高岡駅・高岡駅 - 氷見線氷見駅間の運行となっている[13]

客用ドアの開閉は年間を通じて押しボタンによる半自動ドア扱いとなっている。

2010年度までは月に一度、水曜日に昼間時間帯の列車が運休となる月があった。振替輸送バス代行を含む)も実施されなかった。

2001年3月2日までは上下線ともに快速列車も設定されていたが、同年3月3日のダイヤ改正で回送としての側面が強かった下り始発1本をのぞいて廃止され(ただし休日運休に変更)、2002年3月23日のダイヤ改正によって全廃された。2000年2月時点の停車駅は次のとおりであった[14]

毎年4月下旬から5月上旬にとなみチューリップフェアのための臨時列車「チューリップ号」が運転されていた。近年運行実績はなかったが、北陸新幹線が開業した2015年に5月3日から5日にかけて久々に運転されることになった[15]。この列車は全線通して往復する年と高岡駅 - 砺波駅間のみの区間運転となる年があり、運転本数も年によって異なっていた。またこの臨時列車は快速列車で、2000年の停車駅は早朝の下り始発列車に準じていた[14]。2015年の運転では途中、新高岡駅、砺波駅のみに停車する[15]。このほかにも城端むぎや祭にあわせて臨時列車「むぎや号」が1往復運転されることがあった。

貨物列車編集

高岡駅 - 二塚駅間では貨物列車も運行されていた。1日2往復、コンテナ車で編成された高速貨物列車日本貨物鉄道(JR貨物)東新潟機関区DE10形ディーゼル機関車牽引で運行されており、2013年3月16日ダイヤ改正からは富山貨物駅 - 二塚駅間の直通運転に変更されている。乗務は全区間JR貨物富山機関区で、かつては高岡駅 - 二塚駅間をJR西日本高岡運転派出の運転士が乗務していたため、2014年5月までは高岡駅の城端線ホームで、JR貨物とJR西日本の運転士が交代する光景をみることができた。なお日曜は全区間で貨物列車が運休していた。

2015年のダイヤ改正以降も、城端線の貨物列車の運行は継続していたが、列車番号は臨時列車に割り当てられる9000番台に変更されており[16]、鉄道貨物協会『貨物時刻表』には運行時刻が掲載されなくなった。2015年9月30日限りで二塚駅から分岐する中越パルプ工業生産本部二塚製造部の専用線および二塚駅発着の貨物列車が休止され、中越パルプ工業からの出荷貨物は高岡貨物駅までのトラック輸送に切り替えられた[17][18]。専用線自体は現在も残されているが、途中にある道路を通過する場所に車が一時停車せずに済むよう設置された信号機は撤去され、道路の端の部分に逆U字型のガードレールが設置され、物理的に列車が通過できないようになっている。

歴史編集

中越鉄道により富山県初の鉄道として1897年に開業した。官営鉄道北陸線はまだ開業しておらず、高岡駅の位置が未定だったため、仮駅として黒田仮停車場を設け起点とした。国有化後は中越線を名乗ったが、のちに城端線となった。

  • 1897年明治30年)
    • 5月4日中越鉄道 黒田仮停車場 - 福野駅間(10M55C≒17.2km)が開業。黒田仮停車場・戸出駅・出町駅・福野駅が開業。
    • 8月18日:福野駅 - 福光駅間(3M25C≒5.33km)が延伸開業。福光駅が開業。
    • 10月31日:福光駅 - 城端駅間(3M10C≒5.03km)が延伸開業。城端駅が開業。
  • 1898年(明治31年)1月2日:高岡駅 - 黒田駅間(1M30C≒2.21km)が延伸開業し、高岡駅 - 城端駅間が全通。高岡駅開業・黒田仮停車場が廃止。
  • 1899年(明治32年)
    • 2月28日:全線改マイル(+7C≒0.14km)。
    • 4月3日:二塚駅(初代)が開業。
    • 5月30日:高儀駅開業。全線改マイル(-9C≒0.18km)。
  • 1900年(明治33年)
  • 1902年(明治35年)
    • 5月15日:二塚駅(初代)が廃止。
    • 11月12日:マイル・チェーン表記からマイル表記のみに簡略化(高岡駅 - 城端駅間 18M41C→18.5M)。
  • 1914年大正3年)2月20日:二塚停留場が開業。
  • 1920年(大正9年)9月1日:中越鉄道全線が国有化され、伏木駅 - 高岡駅 - 城端駅間が中越線となる[19]。二塚停留場が二塚駅(2代目)になる。
  • 1930年昭和5年)4月1日:マイル表記からメートル表記に変更(伏木駅 - 城端駅間 18.5M→29.9km)
  • 1936年(昭和11年)11月21日:気動車運転開始[20]。高岡駅 - 城端駅間にキハ41000を運行[20]
  • 1942年(昭和17年)8月1日:高岡駅 - 城端駅間を城端線に改称、伏木駅 - 高岡駅間は氷見線に編入。
  • 1951年(昭和26年)8月10日:東野尻駅・東石黒駅・越中山田駅が開業。
  • 1954年(昭和29年)11月10日:出町駅が砺波駅に改称。
  • 1956年(昭和31年)11月19日:林駅が開業。
  • 1974年(昭和49年)7月1日:福光駅 - 城端駅間の貨物営業が廃止。
  • 1980年(昭和55年)9月25日:二塚駅 - 福光駅間の貨物営業が廃止。
  • 1983年(昭和58年)3月1日:全線で列車集中制御装置 (CTC) が使用開始。CTCセンターは高岡駅に設置。これにより国鉄のCTC化7,000kmを達成。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道が継承、日本貨物鉄道が高岡駅 - 二塚駅間の第二種鉄道事業者となる。
  • 1991年平成3年)4月1日:高岡駅構内をのぞいた全線が金沢支社の管轄から高岡鉄道部の管轄になる。
  • 1992年(平成4年)3月14日:ワンマン運転開始[21]
  • 2001年(平成13年)3月3日:上り快速列車が廃止。
  • 2002年(平成14年)3月23日:すべての快速列車が廃止。
  • 2009年(平成21年)6月1日:組織改正により高岡鉄道部が廃止され、全線が富山地域鉄道部の管轄になる[22]
  • 2013年(平成25年)3月16日:高岡駅 - 二塚駅間で運転されていた貨物列車を富山貨物駅 - 二塚駅間の運転に変更し機関車の付替えを省略。
  • 2014年(平成26年)6月1日:富山貨物駅 - 二塚駅間で運転されている貨物列車の乗務を全区間JR貨物富山機関区に移管。
  • 2015年(平成27年)
    • 1月22日:秋に観光列車を導入予定と発表[23]
    • 3月14日:新高岡駅が開業。組織改正により富山地域鉄道部が廃止され、全線が北陸広域鉄道部の管轄になる[24]。二塚駅発着の貨物列車を、列車番号上で臨時列車化。ダイヤ改正により、地域活性化の社会実験を2年間の予定で開始し、毎日運転の臨時列車扱いで4往復を増発[23]
    • 9月30日:二塚駅の中越パルプ工業専用線および二塚駅発着の貨物列車がこの日限りで休止[17][18]
    • 10月10日:観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(べるもんた)運行開始[11]

駅一覧編集

  • ◇:貨物取扱駅(定期貨物列車の発着なし)
  • 旅客列車は全列車普通列車(全駅に停車)
  • 線路(全線単線) … ◇・∨・∧:列車交換可、|:列車交換不可
  • 全駅富山県内に所在
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ[25] 接続路線・備考 線路 所在地
高岡駅 - 0.0 西日本旅客鉄道氷見線
あいの風とやま鉄道あいの風とやま鉄道線
万葉線高岡軌道線高岡駅停留場
高岡市
新高岡駅 1.8 1.8 西日本旅客鉄道:北陸新幹線
二塚駅 1.5 3.3  
林駅 1.3 4.6  
戸出駅 2.7 7.3  
油田駅 3.4 10.7   砺波市
砺波駅 2.6 13.3  
東野尻駅 2.2 15.5  
高儀駅 1.5 17.0   南砺市
福野駅 2.4 19.4  
東石黒駅 2.6 22.0  
福光駅 2.7 24.7  
越中山田駅 2.8 27.5  
城端駅 2.4 29.9  

このうち高岡駅のみがあいの風とやま鉄道直営駅、砺波駅は業務委託駅で、ジェイアール西日本金沢メンテックに委託されている。砺波駅は以前は直営駅であったが2011年10月以降業務委託化された。その他の駅は、戸出駅・福野駅・福光駅・城端駅が簡易委託駅、残りの7駅が無人駅となっている。みどりの窓口設置駅は砺波駅・福野駅・福光駅の3駅で、砺波駅はJ-WESTカードなどのクレジットカードで決済ができるが、福野駅・福光駅はカード決済できず現金のみの取り扱いである。売店は、砺波駅にあったキオスクはとうに撤退しており、福光駅にヤマザキショップが出店していたが、2014年8月24日をもって撤退した。

2015年3月14日の北陸新幹線開業に合わせ、乗り換え駅として高岡駅 - 二塚駅間に新高岡駅が開業した[26][27]。駅舎は形式上無人駅であるが、新幹線駅の券売機であらかじめ切符を購入可能(クレジットカード決済も可能)な他、混雑が予想される場合は改札業務を行う駅員が臨時で配置されることがある。

廃駅編集

  • 黒田仮停車場1898年廃止、高岡駅 - 二塚駅間(高岡起点 約2.2km)
  • 二塚駅(初代):1902年廃止、現・二塚駅 - 林駅間(高岡起点 約3.8km)

過去の接続路線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 諸河久松本典久『JRローカル線』保育社、1994年。ISBN 978-4-586-50858-7
  2. ^ 北陸の赤字路線で対策協議 JR西の佐々木社長 Archived 2010年12月4日, at the Wayback Machine. - 47NEWS 2010年12月1日
  3. ^ 「大幅変更なし」 七尾線など、新幹線開業後も - 北國新聞 2012年1月28日
  4. ^ このような「飛び地」路線は単独路線としては他に大湊線七尾線(以上は新幹線ともつながらない完全「飛び地」)、八戸線(新幹線とはつながる在来線のみの「飛び地」)があるが、2路線を一体として見た時に「飛び地」になっているのは城端・氷見両線が唯一である
  5. ^ 新幹線開業に向けて 新幹線開業に向けた公共ワーキング(H21) - 高岡市、2015年10月12日閲覧
  6. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB、1998年。ISBN 978-4-533-02980-6
  7. ^ データで見るJR西日本2016 - 区間別平均通過人員および旅客運輸収入(平成27年度) (PDF) - 西日本旅客鉄道
  8. ^ 本路線で運用される車両は、高岡駅構内の高岡運転派出に常駐している。
  9. ^ 2015年3月14日ダイヤ改正(北陸新幹線金沢開業)に合わせ、富山地域鉄道部富山運転センター車両管理室を改組したもの。
  10. ^ 『鉄道ジャーナル』第584号、2015年6月、鉄道ジャーナル社、p.96
  11. ^ a b “景色魅力の観光列車 べるもんた運行開始、富山”. 産経WEST (産経新聞社). (2015年10月10日). オリジナル2015年10月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151014233550/http://www.sankei.com/west/news/151010/wst1510100039-n1.html 2017年6月18日閲覧。 
  12. ^ 城端線・氷見線観光列車の名称・運転計画について - 西日本旅客鉄道、2015年7月31日
  13. ^ 七尾線・城端線・氷見線各線観光列車の運転計画(平成30年2月まで) - 西日本旅客鉄道、2016年12月19日
  14. ^ a b 『JTB時刻表』2000年3月号、JTB、p.516
  15. ^ a b “城端線初の快速1日7本 5月3〜5日、高岡・新高岡と砺波に停車”. 北日本新聞 (北日本新聞社). (2015年4月22日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00024202-kitanihon-l16 2015年4月24日閲覧。 
  16. ^ 関西支社コンテナ列車時刻表 Archived 2015年4月2日, at the Wayback Machine. - 日本貨物鉄道(2015年3月19日閲覧)
  17. ^ a b 中越パルプ工業の貨物列車、「休止」で姿消す…トラック輸送に - レスポンス、2015年10月6日
  18. ^ a b 鉄道ファン名残惜しむ 高岡・中越パルプ二塚専用線(北日本新聞) - gooニュース、2015年10月1日
  19. ^ 「鉄道省告示第57・58号」『官報』1920年8月17日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  20. ^ a b 日本国有鉄道『日本国有鉄道百年史』8、1971年、p.613
  21. ^ ジェー・アール・アール編『JR気動車客車編成表 2011』交通新聞社、2011年。ISBN 978-4-330-22011-6
  22. ^ 鉄道部組織改正について(北陸エリア)(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年5月11日
  23. ^ a b JR西日本、城端・氷見線で『コンセプト列車』運行へ 増発実験も実施 - レスポンス、2015年1月22日
  24. ^ 新幹線延伸開業は750人体制で JR西日本金沢支社が人事異動を発表 - 新潟日報モア、2015年2月19日。
  25. ^ 『JTB時刻表』2015年7月号、JTBパブリッシング、p.495
  26. ^ 城端線に新駅(仮称・新高岡駅)が設置されます (PDF) - 国土交通省北陸信越運輸局、2012年12月26日。
  27. ^ 北陸新幹線 新駅の駅名などについて - 西日本旅客鉄道、2013年6月7日。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集