メインメニューを開く

十日町映画館崩壊事故(とおかまちえいがかんほうかいじこ)とは、1938年(昭和13年)1月1日午後7時半頃、新潟県中魚沼郡十日町(現:新潟県十日町市)五乃町の映画館「旬街座」の屋根が積雪の重みで崩落し、観客から死者69名を出すに至った事故である。

十日町映画館崩壊事故
場所 新潟県中魚沼郡十日町
(現:十日町市) 旬街座
日付 1938年1月1日
19時30分(JST
19時30分 – 20時30分
原因 屋根に積もり過ぎた雪が重みにより崩落
死亡者 69名
負傷者 27名(重傷)
65名(軽傷)
テンプレートを表示

事故の概要編集

前日までの雪は止み、事故当日は珍しく穏やかな正月晴れとなり、正月休みとなった織物工場の女工等が多数旬街座に押しかけた。定員491名のところ700名以上の入場者で満員札止めの盛況であった。映画上映中の午後7時半頃、突然、映画館の屋根の中央部分が崩落し、直下にいた観客約200名が落ちてきた屋根材や雪の下敷きになった。

半鐘が鳴らされて町内に急が告げられ、警察・消防組員や町民により、電灯線が切れて真っ暗となった中で救助作業が行われ、約1時間後に作業は終了した。病院に運ばれた後で亡くなった者を含め、死者69名、重傷者27名、軽傷者65名の大惨事となった。

十日町は絹織物の産地で、多くの女工が織物工場で働いていた。犠牲者の多くは若い晴れ着姿の女性であった。

旬街座は木造一部2階建て、間口9間、奥行16間で建坪は144坪、劇場と映画館を兼ねていた。この内、中央部西側の屋根40坪ほどが崩壊した。丁度この下は特等席と一等席であった。

館内は升席で火鉢を囲んで座布団が敷いてある形式であった。

積雪は前年12月2日に根雪になり、その後の降雪で約2mとなったが、屋根の外周部は30日から雪掘りされ、当日は中央部に雪が残った状態であった。降雪期間を考えると、新雪が多い2mではなく、降雪後圧縮されたり、半溶解を経た雪が多い2mの積雪量と考えられ、相当な高密度の雪であったと考えられる。

記録では、前年末の十日町の積雪量235cm、事故後の屋根の積雪量で208cmであった。

旬街座は明治35年(1902年)の建築で、当時築36年を経て老朽化が進んでいたと考えられる。また、映画館という特性上、中央部に柱が無い(又は少ない)など強度的な問題を抱えていたとも推測される。

犠牲者の遺体には、頭蓋骨が砕かれたもの、手足が切断されたもの、腸が露出したもの等が多くあり、拙速で稚拙な、スコップ等による救助作業により損傷したものと考えられる。このため遺族の中からは、救助作業隊に殺されたとの声も上がった。

その後編集

  • 事故後、昭和天皇から遺族に対し死者1名当り5円の下賜金が与えられた。
  • 旬街座は後に、同市字宇都宮54(現在の同市本町5丁目39-6[1])にあったレジャービル「十日町娯楽会館」1階に『十日町松竹』として再開し市内唯一の映画館として続いていたが、2004年新潟県中越地震で被災し、閉館した[2]。跡地には2015年(平成27年)6月13日に『十日町産業文化発信館 いこて』が開業し、現在に至る[1]
  • 事故後、町民の寄付により事故現場に犠牲者を供養する「深雪観音旬街堂」が建てられた。しかし近年これも取り壊され小さな公園となった。現在は『ここに深雪観音堂ありき』という石碑が娯楽会館の跡地に残る[3]

脚注編集

  1. ^ a b “十日町産業文化発信館「いこて」がオープンします” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 十日町市, (2015年5月23日), http://www.city.tokamachi.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/6/000040868.pdf 2016年4月15日閲覧。 
  2. ^ “ニュース特集・新潟県中越地震”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2004年10月24日). http://www.asahi.com/special/041023/TKY200410240083.html 2015年2月28日閲覧。 
  3. ^ 旧娯楽会館ビルの解体始まる”. 日々東奔西走. 十日町市議会議員・庭野茂美公式サイト (2012年6月3日). 2015年2月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集