メインメニューを開く

千 宗室(せん そうしつ、1956年6月7日[1] - )は、茶道裏千家家元16代玄黙宗室で斎号は坐忘斎。本名政之。若宗匠時代は宗之。裏千家の家元は代々『宗室』を襲名する。

目次

経歴編集

父は千玄室(15代汎叟宗室・鵬雲斎 )。母は登三子。妻は三笠宮崇仁親王の第二女子容子内親王。子は長男Chori(キクチ・ミョンサ)(戸籍名・菊地明史(あきふみ)、詩人2014年12月分家[2])、長女万紀子(第54代斎王代[3])、次男敬史(裏千家茶人、家元付)の二男一女がいる。

同志社大学文学部心理学科卒業。大徳寺にて参禅得度。斎号坐忘斎を授く。2003年家元となり宗室襲名。文筆家として知られ、随筆集を多数著している。またジャズやSFにも興味を示すなど、従来の「茶道家元」の枠に収まらない活動を展開している。2019年春、紫綬褒章受章。

京都造形芸術大学教授、学習院女子大学客員教授。日本ペンクラブ会員。法然院貫主梶田真章、在ジュネーブ特命全権大使伊原純一京都銀行頭取土井伸弘とは京都教育大学附属高等学校の同期。立命館大学父母後援会会長。

著書編集

  • 書庫のなかから 1-2 千政之 淡交社 1984-1986
  • まずは一服 千宗之 主婦の友社 1987.7
  • 坐忘閑談室 千宗之 淡交社 1989.4
  • 六角形の部屋 悩みのひととき 千宗之 角川書店 1991.7
  • 食べたつもりで 千宗之 淡交社 1992.7
  • 若宗匠の双鶴居日月 写真随筆集 千宗之 スタジオ・シップ 1995.2
  • 味見三昧 食をめぐる24の随想 千宗之 主婦の友社 1996.5
  • おいしい台詞 千宗之 小池書院 1997.12
  • ほおづえついて 千宗之 京都新聞社 1998.2
  • 小川日記 某月某日 千宗之 淡交社 1998.5
  • 母の居た場所 千宗之 中央公論新社 2000.2 のち文庫
  • 私の二十四節気日記 千宗之 中央公論新社 2002.11
  • 『昨日のように今日があり』(講談社 2006)
  • 自分を生きてみる 一期一会の心得 中央公論新社 2008.5
  • 京都あちこち独り言ち 淡交社 2009.10
  • 裏千家茶道点前教則 1-11 淡交社 2010-2011

共著編集

  • 大徳寺 高田明浦 淡交社 2007.12 古寺巡礼京都

脚注編集

外部リンク編集