メインメニューを開く
画像提供依頼:理由は、他国の王族の記事では大抵、成人以上は写真が掲載されています。日本の成人皇族においても写真が掲載される事が望まれます。著作権を持たない個人的撮影の画像提供をお願いします。2013年1月

千 容子(せん まさこ、1951年昭和26年〉10月23日[1] - )は、日本の元皇族三笠宮崇仁親王同妃百合子の第二女子。旧名は容子内親王[2]千宗室(茶道裏千家第16代家元)夫人。お印(かえで)。勲等勲一等[3]学位法学士学習院大学)。

千 容子
続柄 三笠宮崇仁親王第二王女(大正天皇皇孫)
身位 内親王降嫁
敬称 殿下降嫁
お印
出生 (1951-10-23) 1951年10月23日(67歳)
日本の旗 日本東京都品川区上大崎
三笠宮邸
配偶者 千宗室
子女 2男1女
父親 三笠宮崇仁親王
母親 三笠宮妃百合子
テンプレートを表示

略歴編集

松濤幼稚園学習院初等科学習院女子中等科同高等科を経て、学習院大学法学部法学科に入学。3年修了後、スイス全寮制の学校で学び、後にパリに移り、ソルボンヌ大学で学ぶ。その間に、奔放な生活ぶりを母・百合子妃が心配し、連れ戻しにいったこともあるという[4]

帰国後は、学習院大学法学部に復学。卒業後は、兄・寬仁親王が主宰する「柏朋会」などで、フランス語の講師を行なったりと、皇族内でも語学堪能のため皇室内の外国交際の際は重宝されたという。

1983年(昭和58年)10月14日裏千家15代家元・鵬雲斎千宗室(現・千玄室大宗匠)の長男・坐忘斎千宗之(後に16代家元・千宗室)と結婚[5]

翌年の1984年(昭和59年)に長男・明史を出産。1987年(昭和62年)に長女・万紀子、1990年(平成2年)に次男・敬史(裏千家茶人・家元付)の3子をもうける。

2002年(平成14年)、夫の家元襲名に伴い第16代目家元夫人となる。茶道裏千家淡交会副理事長・国際茶道文化協会会長[6]等、裏千家および茶道関連の法人の要職に就いている。

長女・万紀子は、立命館大学4年在学中の2009年(平成21年)、葵祭・第54代斎王代に選ばれ、容子とそろって取材を受けた。2017年(平成29年)、阪田修三・佳子夫妻の長男で医師の宗弘と結婚しており、この時、皇室から三笠宮家及び高円宮家の妃や女王達も参列した[7]。。

長男・明史は、「菊池明史」として独立(分家)した。

系譜編集

容子内親王 父:
崇仁親王三笠宮
祖父:
大正天皇
祖母:
貞明皇后
母:
百合子
祖父:
高木正得
祖母:
高木邦子
 
 
 
 
 
 
 
 
歴代天皇
 
歴代皇后
 
親王
 
内親王女王
 
臣籍降下
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇(明治天皇の子)
 
貞明皇后(大正天皇の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇(大正天皇の子)
 
香淳皇后(昭和天皇の妻)
 
秩父宮雍仁親王(大正天皇の子)
 
勢津子(秩父宮雍仁親王の妻)
 
高松宮宣仁親王(大正天皇の子)
 
喜久子(高松宮宣仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三笠宮崇仁親王(大正天皇の子)
 
百合子(三笠宮崇仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇成子
(照宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
久宮祐子内親王(昭和天皇の子)
 
鷹司和子
(孝宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
池田厚子
(順宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
上皇
(明仁)
(昭和天皇の子)
 
上皇后
(美智子)
(上皇明仁の妻)
 
常陸宮正仁親王(昭和天皇の子)
 
華子(常陸宮正仁親王の妻)
 
島津貴子
(清宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
近衞甯子(三笠宮崇仁親王の子、臣籍降下)
 
寬仁親王(三笠宮崇仁親王の子)
 
信子(寬仁親王の妻)
 
桂宮
宜仁親王
(三笠宮崇仁親王の子)
 
千容子(三笠宮崇仁親王の子、臣籍降下)
 
高円宮憲仁親王(三笠宮崇仁親王の子)
 
久子(高円宮憲仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
(徳仁)
(上皇明仁の子)
 
皇后雅子(今上天皇徳仁の妻)
 
秋篠宮文仁親王(上皇明仁の子)
 
紀子(秋篠宮文仁親王の妻)
 
黒田清子
(紀宮)
(上皇明仁の子、臣籍降下)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王(寬仁親王の子)
 
瑶子女王(寬仁親王の子)
 
 
 
 
 
承子女王(高円宮憲仁親王の子)
 
千家典子(高円宮憲仁親王の子、臣籍降下)
 
守谷絢子(高円宮憲仁親王の子、臣籍降下)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛子内親王(今上天皇徳人の子)
 
 
 
眞子内親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
佳子内親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
悠仁親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
 
 
 
 


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1951年(昭和26年)10月23日宮内庁告示第11号「内親王御誕生の件」
  2. ^ 1951年(昭和26年)10月29日宮内庁告示第12号「崇仁親王殿下の第二女子命名」
  3. ^ 1971年(昭和46年)11月2日『官報』第13461号「叙位・叙勲」
  4. ^ AERA』2008年10月6日号 次を担う「女性皇族」たち
  5. ^ 1983年(昭和58年)10月14日宮内庁告示第8号「容子内親王殿下が、結婚のため、皇族の身分を離れられる件」
  6. ^ 役員紹介 - 国際茶道文化協会
  7. ^ 千 万紀子様、華燭の典

外部リンク編集