メインメニューを開く

千田氏(ちだし)は、良文流房総平氏のうち下総国千田荘を拠点とした一族で、千葉氏嫡流である。

千田氏
家紋
月星紋
本姓 桓武平氏良文流千葉氏
家祖 千葉泰胤
種別 軍事貴族
出身地 下総国
主な根拠地 下総国・千田荘
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

治承4年(1180年石橋山の戦いに敗れた源頼朝房総に逃れた際、千葉常胤の嫡孫成胤が、千余騎を率いて千葉荘に侵入した千田荘の領家藤原親政(千田親政)をわずか七騎で迎え撃ち捕虜にしたことが治承・寿永の乱を制する原動力となった[要出典][1]

治承・寿永の乱の後千田荘は八幡荘とともに千葉氏の拠点所領となり、成胤の娘である千田尼から甥の泰胤[注釈 1]、その娘から宗胤へと継承された。そして宗胤が、文永の役の負傷がもとで建治元年(1275年)に肥前国小城郡で没した父頼胤に代わって九州に赴いた間に、千葉氏の家督を弟の胤宗に横領されてしまった。

その後宗胤も九州で没したが、宗胤の子胤貞は折りしも勃発した南北朝の戦いに際して北朝方につき、建武2年(1335年)には千葉氏の家督を賭けて胤宗の子貞胤の本拠千葉荘を攻めた。これに対し貞胤方は胤貞の本拠である千田荘を蹂躙しこの騒乱は下総国中に波及したという[注釈 2]南朝方の新田義貞の軍に属した貞胤は、建武3年(1336年)10月に越前国木芽峠足利尊氏軍の斯波高経に降伏した。だが胤貞は下総への帰途同建武3年(1336年)11月19日に三河国で病没し、降伏した貞胤は北朝方に寝返って胤宗の子孫が千葉氏宗家を称した。そのため肥前国小城郡にあった宗胤の次男胤泰九州千葉氏として活路を見出したが、宗家の地位を失った千田氏はその後衰退していった[注釈 3]

暦応年間(1338年から1342年)には千田重親(中務小輔)が奥州葛西氏のもとへ下向し、桃生郡太田城(現在の宮城県石巻市)に住んでいる。この後、室町から戦国期にかけて北上川流域(現在の宮城県北部から岩手県南部)に勢力を拡大した。

しかし天正18年(1590年)、豊臣秀吉による奥州仕置により主君と共に改易され、伊達領と南部領に移った。江戸時代に入ると仙台藩領の千田氏は、伊達政宗から胆沢郡肝煎大庄屋、大名主)に任ぜられ、その地域における半士半農の名家となり、幕末を迎えている。

系図編集

 千葉泰胤(千田次郎)
  ┃
   娘(千葉頼胤室)
  ┣━━━━━━━━━━━━┓
  宗胤           胤宗
  ┣━━━━━━┓     ┃
  胤貞     胤泰    貞胤
  ┣━━┓(九州千葉氏)(千葉氏)
  胤平 胤継
     ┃
     胤氏

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 成胤の嫡男である胤綱の次男で、千田次郎と呼ばれ千田氏の祖に当たる。
  2. ^ 千田荘の東禅寺住持だった湛睿は、その騒然とした様を
    然世上転変之後、三四年以来都鄙不静謐、道俗尚多危 — 金沢文庫所蔵『華厳五教章纂釈』奥書
    と記している。
  3. ^ 領地の肥前国小城郡と千田荘および八幡荘は、胤貞から嫡子であった次男胤平に継承され、さらに三男の胤継に継承されたが、その後肥前国小城郡は宗胤の次男胤泰が継承した。

出典編集

  1. ^
    下総国千田荘領家判官代親政は、刑部卿忠盛朝臣の聟なり。平相国禪閤に其の志を通ずるの間、目代誅せらるの由を聞き、軍兵を率い常胤を襲わんと欲す。之に依って、常胤孫子小太郎成胤相戰う。遂に親政を生虜らん — 『吾妻鏡』治承4年9月14日条

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典』12 千葉県、角川書店、1984年3月。ISBN 4040011201
史料
  • 金沢文庫所蔵『華厳五教章纂釈』奥書
  • 『吾妻鏡』

関連項目編集

外部リンク編集