千石 (文京区)

東京都文京区の町名
日本 > 東京都 > 文京区 > 千石 (文京区)

千石(せんごく)は、東京都文京区町名[5]。現行行政地名は千石一丁目から千石四丁目。郵便番号は112-0011[3]

千石
東洋女子高等学校
千石の位置(東京都区部内)
千石
千石
千石の位置
北緯35度43分46.62秒 東経139度44分27.58秒 / 北緯35.7296167度 東経139.7409944度 / 35.7296167; 139.7409944
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Metropolis.svg 東京都
特別区 Flag of Bunkyo, Tokyo.svg 文京区
地域 小石川地域
面積
 • 合計 0.688 km2
人口
2019年(令和元年)8月1日現在)[2]
 • 合計 19,328人
 • 密度 28,000人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
112-0011[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 練馬

地理編集

地価編集

住宅地の地価は2017年平成29年)1月1日の公示地価によれば千石4-25-4の地点で78万7000円/m2となっている。

歴史編集

御三卿の一つ一橋徳川家より寄付された樹林地・千石緑地が史跡として残る(もともと一橋徳川家屋敷内)。武蔵野台地の先端部分である白山台地と指ヶ谷の境界。小さな森のような緑地には樹齢100年以上と推定される文京区内でも有数のムクノキの巨木がある。

地名の由来編集

以前からある歴史的な地名ではなく、1967年住居表示実施に伴い、小石川北部の西丸町、大原町、林町、氷川下町、丸山町、(巣鴨)西原町、(巣鴨)西丸町などを合併して誕生。小石川植物園のそばを流れる千川(現在は暗渠)の千と、中山道の「せん」の読み、小石川の石からその名を採った。江東区千石と同様に、石高の「千石」とは関係がない。

沿革編集

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)8月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
千石一丁目 1,998世帯 4,049人
千石二丁目 2,292世帯 4,739人
千石三丁目 2,369世帯 4,671人
千石四丁目 3,523世帯 5,869人
10,182世帯 19,328人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
千石一丁目 4番
5番1 - 7号、15 - 18号
5番10号(一部)
6番2 - 16号、23 - 38号
7番
文京区立林町小学校 文京区立第十中学校
15番5号
16番1 - 8号
16番9号(一部)
17番13 - 20号
19番12 - 18号
20番1 - 21号
21番
23 - 30番
文京区立駕籠町小学校
その他 文京区立明化小学校
千石二丁目 42番1 - 10号
44番3 - 20号
45 - 46番
7 - 41番
42番11 - 24号
43番
44番1 - 2号
文京区立林町小学校
2番17号 文京区立第一中学校
その他 文京区立大塚小学校
千石三丁目 1 - 4番
5番1号
10 - 13番
14番4号
15番16 - 17号、19号
15番21号
その他 文京区立林町小学校 文京区立第十中学校
千石四丁目 1番1 - 9号、21 - 23号
3 - 35番
36番1 - 7号、18 - 20号
36番8 - 9号、11 - 16号
39 - 46番
文京区立駕籠町小学校
その他 文京区立明化小学校

交通編集

鉄道編集

道路編集

施設編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 文京の統計 - 第51回文京の統計(平成30年)”. 文京区 (2019年1月1日). 2019年9月1日閲覧。
  2. ^ a b 文京区人口統計資料 - 町丁別世帯・人口(住民基本台帳)(毎月1日現在)”. 文京区 (2019年8月1日). 2019年9月1日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月5日閲覧。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』(再版)角川書店、1991年、990頁。ISBN 4-04-001130-9 
  6. ^ 小学校 通学区域”. 文京区 (2014年11月5日). 2019年9月1日閲覧。
  7. ^ 中学校 通学区域”. 文京区 (2013年11月18日). 2019年9月1日閲覧。
  8. ^ 社屋移転のお知らせ”. CQ出版 (2015年4月20日). 2019年9月1日閲覧。

外部リンク編集