メインメニューを開く

千葉 国男(ちば くにお、1941年9月12日 - 2010年10月26日)は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。元参議院議員(1期)。宮城県出身。中央大学法学部卒業。

経歴編集

1941年9月12日、宮城県仙台市に生まれる。

1965年、中央大学法学部を卒業する。その後創価学会東北業務局長を経て、公明党中央委員になる。

1990年第39回衆議院議員総選挙に、公明党公認で旧宮城1区から立候補するが落選。

1993年第40回衆議院議員総選挙に、公明党公認(民社党推薦)で再び旧宮城1区から立候補し初当選する。当選者5人中、ただ1人の新人当選者だった(以降、衆議院議員1回、参議院議員1回)。

1994年12月、所属する公明が新進党に合流。

1996年第41回衆議院議員総選挙に新進党公認で宮城2区小選挙区)から立候補するが、自民党公認の中野正志に敗れ落選する。

1998年第18回参議院議員通常選挙に、比例区から、公明公認で立候補するも次点となる。

2003年沢たまきの死去により繰り上げ当選。7年ぶりに国政に復帰する。

2004年、参議院議員の任期満了と同時に、政界を引退する。

2010年10月26日、胃がんのため死去[1]

出典編集

  1. ^ 千葉国男氏死去 元公明党参院議員 共同通信 2011年7月3日閲覧

参考文献編集