メインメニューを開く

南木神社(なぎじんじゃ)は、大阪府南河内郡千早赤阪村にある、楠木正成を祀る最古の神社。建水分神社摂社である。後村上天皇から南木(なぎ)明神の神号を賜わった。

南木神社
所在地 大阪府南河内郡千早赤阪村水分357
位置 北緯34度27分36秒
東経135度37分53秒
座標: 北緯34度27分36秒 東経135度37分53秒
地図
南木神社の位置(大阪府内)
南木神社
南木神社
テンプレートを表示

目次

歴史編集

元禄10年(1697年)、社殿が傾いたため、現在地に移転した。しかし、移転した社殿も昭和9年(1934年)に暴風雨(室戸台風)により老松が倒れ、崩壊した〔大楠公を祀ったご神体は厨子に守られ無傷だった〕。

現社殿は昭和15年(1940年)に再建されたものである。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集