南 相楽(ナム・サンラク、朝鮮語: 남상락1933年 - 2004年3月)は、朝鮮民主主義人民共和国軍人政治家。平壌高射砲司令部司令官、朝鮮労働党中央委員会委員などを歴任した。朝鮮人民軍における軍事称号(階級)は大将。

南相楽
남상락
生年月日 1933年
出生地 大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮黄海道
没年月日 2004年3月
出身校 金日成総合大学
所属政党 朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党

当選回数 4回
在任期間 1986年11月3日 - 2004年3月
最高指導者 金日成1948年 - 1994年
金正日1994年 - 2011年

在任期間 1993年12月8日 - 2004年3月
総書記
総書記
金日成1966年 - 1994年
金正日1997年 - 2011年
テンプレートを表示
南相楽
各種表記
ハングル 남상락
発音 ナム・サンラク
テンプレートを表示

経歴編集

1933年日本統治下の黄海道で生まれた[1]金日成総合大学卒業[1]1986年最高人民会議第8期代議員に選出され[1]1990年朝鮮人民軍中将[1]1992年に上将に昇進した[1]1993年12月8日に開かれた朝鮮労働党中央委員会第6期第21回総会で党中央委員に補選された[1]1994年に平壌防空司令部司令官に任命され[1]1995年1月金正日国防委員長黄海北道沙里院市に所在する第214軍部隊を視察した際には[2]、視察を受け入れた[3]1995年11月に平壌高射砲司令部司令官に任命され[1]2002年4月14日に大将に昇進[4]2003年に最高人民会議第11期代議員に再選されたが[1]2004年3月に死去[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 남상락 南相樂북한지역정보넷
  2. ^ 「6軍団クーデター未遂」の真実 書き換えられたシナリオ、対中密輸で巨利得た末… 秘録金正日(58)産経ニュース 2016年1月12日
  3. ^ 北 `다박솔 초소`는 포병 중대 統一ニュース 2002年4月24日
  4. ^ 북한군 현역 장성 1천437명 統一ニュース 2002年4月15日