メインメニューを開く

友寄 蓮(ともよせ れん、1995年3月29日 - )は、日本女優タレントである。東京都小金井市出身[1]。準日テレジェニック2014。

ともよせ れん
友寄 蓮
プロフィール
愛称 れんちゃん
生年月日 1995年3月29日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 O型
公称サイズ(2017年時点)
身長 / 体重 164 cm / kg
活動
デビュー 2010年
ジャンル 女優
その他の記録
日テレジェニック2014
モデル: テンプレート - カテゴリ

来歴・人物編集

東京都出身。舞台やCMなどで活躍。趣味は神社仏閣巡り。特技は華道。弟が1人いる。

2010年頃からタレント活動を開始[2]するも、2011年、高校2年生の秋に急性リンパ性白血病に侵され、約1年4カ月にわたる闘病生活を経験[3]

2013年、タレント活動を再開するにあたりオフィス彩に入所。

2014年、バラエティ番組『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜』に出演し[4]、同年6月14日、準日テレジェニック2014に選ばれる。

2015年、オフィス彩を退所、以後フリーとして活躍。また自らの闘病経験を活かし、病院内で療養中の子供達に遊びの時間を提供するボランティア活動にも従事している。

2017年4月、全日本大学サッカー連盟公式マネージャー「JUFA GIRL」第6期生(JG 2017)に就任[5]

2018年7月29日、地元の小金井市で開催された「第5回 こがねい浴衣美人コンテスト2018」にてグランプリ受賞。

出演編集

舞台編集

  • 「THE 吉見麻美 公演vol.2 LOVEどきゅ~ん15(ichigo)」(2014年1月29日 - 2月2日、笹塚ファクトリー ※キャスト内のインフルエンザ流行により1月31日以降公演中止)
  • 劇団絵生(えき) 「友情~秋桜のバラード2014~」(2014年9月 - 12月、全国ツアー33箇所 全51公演)鈴木幸子役
  • 松澤くれは作・演出 「わたしの、領分。」(2015年8月12日 - 16日、目白・シアター風姿花伝)
  • 朗読劇「空巣」(2015年10月30日、中野坂上・Music Bar MELODIA Tokyo)沙妃役 ※パーティーイベント「Fence Off Vol.2」にて上演
  • 松澤くれは作・演出 「Fire pRay~秋津悠理のプレリュード~」(2016年2月9日 - 14日、銀座・ギャラリー悠玄)
  • アルコグランデ「永遠の一秒」(2018年4月3日 - 5日、彩の国さいたま芸術劇場・小ホール)
  • 劇団絵生(えき) 「友情~秋桜のバラード~」(2018年9月25日 - 27日(木)赤坂区民センター他 全9公演)看護師 佐々木万里 役

イベント編集

  • 水墨画家CHiNPAN監修「女優展」(2016年3月20日、阿佐ヶ谷・ギャラリー白線)水墨画ボディーペイント
  • 水墨画家CHiNPAN監修「女優展」(2016年9月3日、中延・インストールの途中だビル4Fギャラリー)水墨画ボディーペイント
  • 「女優俳優幻想館」(2016年9月24日 - 25日、阿佐ヶ谷・ギャラリー白線)アート写真展
  • 水墨画家CHiNPAN監修「女優展」(2017年2月18日、神泉・ギャラリー/スタジオ「輝くものは星さえも」)水墨画ボディーペイント
  • 「ねこグラ!」(2018年3月11日、18日、神泉・shibuya gallery 「Arc」)猫とグラビア写真展
  • 水墨画家CHiNPAN監修「女優展」(2018年5月27日、神泉・shibuya gallery 「Arc」)水墨画ボディーペイント

テレビ編集

ラジオ編集

  • 「女優 友寄蓮さん - くにまるジャパン -」 [7](2014年11月4日、文化放送

インターネット放送編集

  • 「東京女子荘でノンデコ!」 [8](2016年8月19日、10月18日、12月20日、東京女子荘)
  • AbemaPrime(2019年2月12日、AbemaTV[9]

CM編集

講演など編集

  • 「love in action2016」(2016年6月、東京国際フォーラム)献血呼びかけトークショー
  • 「愛と共に生きること」(2016年8月、市民会館うらわ)「愛の献血助け合いの集い」(埼玉県、日本赤十字社埼玉県支部主催)における講演会
  • 「クリスマス献血キャンペーン2016」(2016年12月23日、大宮駅西口コンコーンス)献血呼びかけトークショー
  • 「愛の血液助け合いの集い」(2017年7月28日、埼玉会館[3]
  • 「クリスマス献血キャンペーン2017」(2017年12月23日、大宮駅西口コンコース)献血呼びかけトークショー、彩の国けんけつ大使委嘱式
  • 「愛とともに生きる」(2017年8月26日、兵庫・チャイルド・ケモ・ハウス)「なつのワークショップ」(兵庫県、NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス主催)における講演会
  • 「「ありがとうの手紙」~献血で救われたいのち~」(2018年2月11日、富山・ファボーレホール)「富山セントラルライオンズクラブ認証55周年記念 献血活動促進事業」における講演会
  • 友寄蓮けんけつトークサロン 「~ いのちのバトン献血 ありがとう ~」(2018年10月16日、21日、11月4日、川越クレアモール献血ルーム)
  • 「クリスマス献血キャンペーン2018」(2018年12月23日、大宮駅西口コンコース)献血呼びかけトークショー
  • 友寄蓮チャリティー講演「わたしを変えた白血病」(2019年2月11日、武蔵小金井 宮地楽器ホール 小ホール)※ 自主企画

記事など編集

  • 「【病と生きる】急性リンパ白血病との闘い タレント・友寄蓮さん(18)」[10](2014年1月9日、産経新聞
  • 「みなさんと共に私もがんばっていきたい。 共に生きたい。 タレント 友寄蓮さん」[11](2015年6月、STAND UP!!)
  • 「友寄蓮さん「ドキュメント 生きる」」[12](2015年7月、アフラック
  • 「キミがつなぐ未来 友寄蓮「未来を生きると信じて 今、努力する」」 献血ウォーカー Vol.17(2016年1月、日本赤十字社
  • 「INTERNATIONAL MISSING TYPE」世界各国の輸血経験者の声をつなげたキャンペーンビデオ出演[13](2016年8月15日 - 21日、日本赤十字社
  • 「友寄蓮インタビュー」[14](医療用ウィッグ専門店 ワンステップ)

脚注編集

  1. ^ 本人のツイート
  2. ^ 友寄蓮”. タレントデータバンク. 2018年3月20日閲覧。
  3. ^ a b “女優が訴え、輸血で命救われた思い「体を優しさが巡った」 さいたまの献血イベント”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2017年8月5日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/08/05/09_.html 2017年9月13日閲覧。 
  4. ^ HカップからBカップまでことしも水着美女が勢ぞろい! 日テレジェニック2014の6人が決定!!”. ザテレビジョン (2014年6月16日). 2017年2月21日閲覧。
  5. ^ 「JUFA GIRL」第6期生がゲキサカ編集部に!5名の素顔に迫る?”. ゲキサカ (2017年4月13日). 2017年4月13日閲覧。
  6. ^ 生きるを伝える 未来を切り開くために モデル・タレント「友寄蓮さん」”. テレビ東京 (2016年10月15日). 2017年2月22日閲覧。
  7. ^ 女優 友寄蓮さん - くにまるジャパン -”. くにまるジャパン (2014年11月4日). 2017年2月21日閲覧。
  8. ^ 東京女子荘でノンデコ!”. ノンデコ (2016年8月19日). 2017年2月22日閲覧。
  9. ^ ”白血病サバイバー”のタレント友寄蓮、池江璃花子選手の公表受け献血や骨髄バンク登録を呼びかけ” (日本語). AbemaTIMES. 2019年2月14日閲覧。
  10. ^ 【病と生きる】急性リンパ白血病との闘い タレント・友寄蓮さん(18)”. 産経ニュース (2014年1月9日). 2017年2月22日閲覧。
  11. ^ みなさんと共に私もがんばっていきたい。 共に生きたい。 タレント 友寄蓮さん”. STAND UP!! 06 (2015年6月). 2017年2月23日閲覧。
  12. ^ 友寄蓮さん「ドキュメント 生きる」”. AFLAC (2015年8月). 2017年2月22日閲覧。
  13. ^ INTERNATIONAL MISSING TYPE”. 日本赤十字社 (2016年8月15日). 2017年2月23日閲覧。
  14. ^ 友寄蓮インタビュー”. ワンステップ. 2018年3月16日閲覧。

外部リンク編集