メインメニューを開く

友岡 克彦(ともおか かつひこ)[1]は,日本の有機化学者九州大学先導物質化学研究所教授。専門は有機合成化学、構造有機化学、キラル分子化学など。東京都出身。

略歴編集

  • 1988年 慶應義塾大学理工学研究科 博士課程修了
  • 1988年 東京工業大学工学部 化学工学科 助手
  • 1991年 - 1993年 スタンフォード大学博士研究員
  • 1998年 東京工業大学工学部 化学工学科 助教授
  • 2000年 東京工業大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻 助教授
  • 2007年 九州大学 先導物質化学研究所 教授

業績編集

  • 転位手法を基盤とする分子構築法の開発[2][3]:アセタール系[1,2]-Wittig転位,不斉カルボアニオン転位,zaragozic acid Aの全合成,など.
  • 新しいキラル分子の化学:面不斉中員環分子の化学,キラルケイ素分子の化学[4],など.
  • 新反応,新反応剤の開発:付加型オゾン酸化反応,高選択的ヒドロシリル化反応[5],窒素上の求核置換反応,高クリック反応性アルキン(DACN)の化学[6],など.

受賞歴編集

  • 1988年度 井上研究奨励賞
  • 1996年度 有機合成化学協会 エーザイ 研究企画賞
  • 1996年度 有機合成化学奨励賞
  • 2001年度 2001 Synthesis-Synlett Journal Award
  • 2010年度 有機合成化学協会 アステラス製薬・生命有機化学賞
  • 2010年度 日本化学会 学術賞
  • 2012年度 長瀬研究振興賞
  • 2009, 2010, 2014, 2015, 2016年度 Asian Core Program Lectureship Award

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 友岡研究室”. 2017年5月13日閲覧。
  2. ^ 「アセタールの化学」からの展開,有機合成化学協会誌 2001年492ページ”. 有機合成化学協会. 2017年5月13日閲覧。
  3. ^ 転位手法を基盤とする分子構築法の開発”. 有機合成化学協会. 2017年5月13日閲覧。
  4. ^ キラルケイ素分子の化学”. 九州大学. 2017年5月13日閲覧。
  5. ^ 高選択的ヒドロシリル化反応”. 東京化成工業株式会社. 2017年5月13日閲覧。
  6. ^ 高クリック反応性アルキン(DACN)の化学”. 関東化学株式会社. 2017年5月13日閲覧。