慶應義塾大学大学院理工学研究科・理工学部

慶応義塾大学で理工学を管轄する学部・研究科
慶應義塾大学 > 慶應義塾大学大学院理工学研究科・理工学部

慶應義塾大学理工学部(けいおうぎじゅくだいがく りこうがくぶ)は、慶應義塾大学日吉キャンパスおよび矢上キャンパスに設置される理工学部である。理工学研究科(りこうがくけんきゅうか)は、理工学部と同じキャンパスに設置され、理工学を研究する慶應義塾大学の大学院である。

概説編集

慶應義塾の卒業生である藤原銀次郎は慶應義塾に寄付する目的で1939年に藤原工業大学を設立し、その後、1944年に慶応義塾が併合して慶應義塾大学工学部となった。1981年には慶應義塾大学理工学部に改組された[1]。現在、慶應義塾大学理工学部・大学院理工学研究科の基本理念を表すキーワードは、「創発(emerging)」としている。また、学生が実力と交友関係を身に着けることを教育目標として設定している。学部卒業生の約7割は慶應義塾大学大学院理工学研究科に進学する。使用キャンパスは日吉キャンパスおよび矢上キャンパス[2]

沿革編集

  • 1939年 藤原工業大学機械工学科・電気工学科・応用化学科)が開校。
  • 1944年 藤原工業大学を慶應義塾大学工学部に改組[1]
  • 1949年 東京都の北多摩郡小金井町にキャンパスを移転[1]
  • 1957年 計測工学科を設置[1]
  • 1959年 管理工学科を設置[1]
  • 1972年 矢上キャンパスに移転[1]
  • 1974年 数理工学科を設置[1]
  • 1981年 慶應義塾大学理工学部に改組。数理科学科、物理学科、化学科を設置[1]
  • 1996年 電子工学科、物理情報工学科、システムデザイン工学科、情報工学科を設置[1]
  • 2002年 生命情報学科を設置[1]
  • 2020年 「新学門制」を導入。また、電子工学科を電気情報工学科に改称。

学部編集

  • 入学定員932人・収容定員3728人[3]
    • 機械工学科[4]
    • 電気情報工学科[4]
    • 応用化学科[4]
    • 物理情報工学科[4]
    • 管理工学科[4]
    • 数理科学科[4]
    • 物理学科[4]
    • 化学科[4]
    • システムデザイン工学科[4]
    • 情報工学科[4]
    • 生命情報学科[4]

大学院編集

  • 基礎理工学専攻[4]
  • 総合デザイン工学専攻[4]
  • 開放環境科学専攻[4]


学園祭編集

毎年10月上旬に矢上キャンパスで、「矢上祭」が開催される。そこでは慶応理工学部の情報発信と近隣住民との交流を目的に、学生団体のイベントステージ、有名ゲストによるトークショー、ミス・ミスターコンテスト、模擬店、研究室ツアー、打ち上げ花火、などが企画され、毎年、多くの来場者で賑わっている。


慶応テクノモール編集

毎年12月に慶応義塾大学理工学部・理工学研究科は大学の研究成果を広く社会に発信する為に、科学技術展を開催する。そこでは、慶応理工学部の教員、学生による展示ブースでの最新研究の説明や、ゲストによる基調講演、トークセッションなどが行われ、産官学の連携、民間企業との共同研究、技術移転、が期待されている。

関連施設、研究施設編集

  • 新川崎タウンキャンパス
  • 鶴岡タウンキャンパス
  • 中央試験所
  • 慶応義塾大学先端科学技術研究センター(KLL)
  • 慶應義塾大学先端生命科学研究所
  • 実験教育支援センター
  • 環境保全センター
  • 理工学メディアセンター(松下記念理工学図書館)

交通アクセス編集

  • 矢上キャンパス(神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1)

東急東横線東急目黒線横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅」から徒歩15分

  • 日吉キャンパス(神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1)

東急東横線東急目黒線横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅」から徒歩1分

著名な出身者編集

政治・行政編集

経済編集

研究編集

芸術・技術編集

芸能・スポーツ編集

放送編集

その他編集

博士号取得者編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 「沿革」慶應義塾大学理工学部
  2. ^ 「理工学部の教育の特徴」慶應義塾大学理工学部
  3. ^ 学部入学定員・入学者数(過去5年分)慶應義塾大学
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「学科一覧」慶應義塾大学理工学部

外部リンク編集