メインメニューを開く

古処 誠二(こどころ せいじ、1970年3月10日 - )は、日本小説家

古処 誠二
(こどころ せいじ)
誕生 (1970-03-10) 1970年3月10日(49歳)
日本の旗 日本 福岡県
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2000年 -
代表作 『いくさの底』(2017年)
主な受賞歴 メフィスト賞(2000年)
(池田晶子記念)「わたくし、つまりNobody賞」(2011年)
毎日出版文化賞(2017年)
日本推理作家協会賞(2018年)
デビュー作 『UNKNOWN』(2000年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

作品リスト編集

単行本編集

単行本未収録作品編集

  • 職業病(『小説現代』1998年11月号)
    • デビュー前、小処誠二名義でショートショート・コンテストに投稿したもの。
  • たのみごと(『小説すばる』2001年4月号)
  • 九五年の衝動(『メフィスト』2001年5月号)
  • 背中の陽(『小説すばる』2001年7月号)
  • 子は親の(『週刊小説』2001年7月27日号)
  • 転進の終点(『オール讀物』2009年7月号)
  • 最後の義務(『野性時代』2009年11月号)
  • 水を飲まない捕虜(『小説すばる』2013年11月号)
  • 忘れられない味 地獄の美味(『PONTOON』2013年12月号)
  • 兵が鉛筆を握るとき(『小説すばる』2014年9月号)
  • 高貴のしるし(『小説すばる』2015年2月号)
  • 見習士官の憂鬱(『小説すばる』2015年4月号)
  • 中州の敵(『小説すばる』2016年10月号)
  • 首を埋める土地(『小説すばる』2017年2月号)
  • ノアレーに揺られて(『小説すばる』2017年6月号)
  • 精霊は告げる(『小説推理』2019年5月号)
  • 敵を敬えば(『小説推理』2019年7月号)
  • 仏道に反して(『小説推理』2019年9月号)
  • ロンジーの教え(『小説推理』2019年11月号)

アンソロジー収録作品編集

  • ショートショートの広場(12)(阿刀田高編・2001年5月、講談社文庫ISBN 9784062731560)
    • 「職業病」を収録。
  • ザ・ベストミステリーズ2002 推理小説年鑑(2002年7月、講談社、ISBN 9784061149038
    • 「九五年の衝動」を収録。
  • 短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉(2009年6月、徳間書店、ISBN 9784198929930
    • 「たてがみ」を収録。
  • 作家の手紙〈2007〉(2007年2月、角川書店、2010年11月角川文庫)
    • 「哀悼の手紙 若かりし日は男前だったじいちゃんへの手紙」を収録。
  • 永遠の夏 戦争小説集〈2015〉(2015年2月、実業之日本社)
    • 「糊塗」を収録。

注釈・出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 古処誠二『中尉』 角川書店、2014年、著者紹介
  2. ^ “日本推理作家協会賞に古処誠二さんら”. 産経ニュース (産経デジタル). (2018年4月26日). https://www.sankei.com/life/news/180426/lif1804260028-n1.html 2018年4月26日閲覧。