古橋 信孝(ふるはし のぶよし、1943年3月8日 - )は日本文学者武蔵大学名誉教授博士(文学)。専攻は古代文学

来歴・人物編集

東京生まれ。東京都立井草高等学校卒業、東京大学文学部国文学科卒業、同大学院博士課程満期退学。1984年、「古代のうたの表現の論理」(「文学」1983年5月号)ほか1篇の業績により、第一回上代文学会賞を受賞[1]。1999年、『和文学の成立』で博士(文学)(東京大学)。武蔵大学助教授、教授を経て、2013年、定年退官[2]し、名誉教授となる。万葉集を専門とするが、吉本ばななを論じたこともある[3]。その他、古代から中古の物語文学も論じる。

著書編集

単著編集

  • 『古代歌謡論』冬樹社 1982
  • 『万葉集を読みなおす 神謡から“うた"へ』NHKブックス:日本放送出版協会 1985
  • 『古代の恋愛生活 万葉集の恋歌を読む』NHKブックス:日本放送出版協会 1987/読みなおす日本史:吉川弘文館 2016
  • 『古代和歌の発生 歌の呪性と様式』東京大学出版会 1988
  • 『幻想の古代 琉球文学と古代文学』新典社 1989
  • 吉本ばなな俵万智』筑摩書房 1990
  • 『神話・物語の文芸史』ぺりかん社 1992
  • 『万葉歌の成立』講談社学術文庫 1993
  • 『万葉集 歌のはじまり』ちくま新書:筑摩書房 1994
  • 『古代都市の文芸生活』大修館書店 1994
  • 『雨夜の逢引 和語の生活誌』大修館書店 1996
  • 『平安京の都市生活と郊外』吉川弘文館 1998
  • 『和文学の成立 奈良平安初期文学史論』若草書房 1998
  • 『物語文学の誕生 万葉集からの文学史』角川叢書:角川書店 2000
  • 『誤読された万葉集』新潮新書:新潮社 2004
  • 『日本文学の流れ』岩波書店 2010 
  • 柿本人麿 神とあらはれし事も度度の事也』ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉 2015 
  • 『文学はなぜ必要か 日本文学&ミステリー案内』笠間書院 2015
  • 『ミステリーで読む戦後史』平凡社新書 2019

共編著編集

  • 『ことばの古代生活誌』河出書房新社 1989
  • 『天皇制の原像』至文堂 1989
  • 『万葉集を読む』吉川弘文館 2008
  • 『万葉集百歌』森朝男共著 青灯社 2008
  • 『残したい日本語』森朝男共著 青灯社 2011
  • 『現古辞典 現代語から古語を引く』鈴木泰石井久雄共著 河出書房新社 2012
  • 『古代歌謡とはなにか 読むための方法論』居駒永幸共編 笠間書院 2015

参考編集

  • 「古橋信孝教授 略歴・著作一覧」『武蔵大学人文学会雑誌』2012年度・第44巻第3号(古橋信孝教授記念号)(2013年2月)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「上代文学」第52号(1984年4月)
  2. ^ 最終講義の題目は「戦後の思想、文化、社会の歴史と文学研究」。(「古橋信孝教授 最終講義のお知らせ - 武蔵大学」による)
  3. ^ 『吉本ばななと俵万智』(筑摩書房、1990年)。内容については、同社のサイトを参照。