メインメニューを開く
台北市電計画路線図

台北市電敷設計画(たいほくしでんふせつけいかく、正体字: 台北市電車敷設計畫)とは日本統治時代1928年(昭和3年)に、台北市尹であった田端幸三郎が提出した台北市における路面電車の施設計画。

目次

概要編集

日本統治時代、台北市の交通問題を解決するため、4本の路面電車の路線を敷設する計画を立てた。(略称は市電)予算は当時の価格で213万4,091円。敷設計画が公布されると、台北市協議会(市議会)に財政上の理由から反対に遭い、同時に台湾民衆党台北支部も反対運動を発起し、撤回を要求した。1929年(昭和4年)に田端幸三郎が市尹を辞職すると、新市尹である増田秀吉は台北市協議会と向かい合い、市民の反対の声の下、市電計画に対して支持しないことを表明し、計画が中止となった。

計画路線編集

  • 中央線、東部線、西部線は複線、円山線は単線として計画
  • ()内は現在の地名

中央線編集

東部線編集

西部線編集

  • 太平町六丁目を起点に、鉄道部前、線路(中華路)に沿って末広小学校(福星国小)、右へ曲がって世界館(誠品116)、芳乃亭(国賓劇院)、寿小学校(西門国小)角を左へ曲がり、万華駅に至る路線。

円山線編集

  • 宮前町派出所(中山二派出所)から円山動物園(児童育楽中心)に至る路線。

関連項目編集

参考文献編集

  • 洪致文,《台灣鐵道印象》,南天書局,1998
  • 田中一二著,李朝熙譯,《台北市史:昭和六年》,台北市文獻會,1998