メインメニューを開く

司 忍(つかさ しのぶ[1]1942年1月25日[2] - )は日本極道指定暴力団六代目山口組組長。本名は篠田 建市[3](しのだ けんいち[4])。

つかさ しのぶ
司 忍
生誕 (1942-01-25) 1942年1月25日(77歳)
日本の旗 日本 大分県
出身校 大分県立水産高等学校(現・大分県立海洋科学高等学校)卒業
職業 暴力団組長

人物編集

生い立ち編集

1942年(昭和17年)、大分県大分市生まれ。大分県立水産高等学校(現・大分県立海洋科学高等学校)を卒業後、地元の大手水産会社に就職。その後、大阪を経て名古屋に出て、1962年に三代目山口組系鈴木組内弘田組に入った。中京地区の抗争では武闘派として活動し弘田組最高幹部を務めた。後に、自らの組織として司興業を旗揚げしている。

弘田組時代編集

1970年代頃には、愛知県下に山口組系以外にも多くの暴力団組織があり、弘田組は山口組の直参組織ではあったが一地方組織にすぎず、他組織と衝突を繰り返しながら地盤を築いていっていた。弘田組内で副組長や若頭を歴任し抗争でも陣頭指揮を執っていたのが司忍であった。 1981年7月23日、三代目山口組組長田岡一雄が亡くなる。弘田武志は、田岡の後継者とされる山本健一と関係が近く、山本が四代目を継承すれば当然山口組に参加するはずだったが、山本健一は四代目を継ぐ事なく、1982年2月4日に亡くなる。1984年には四代目組長の座を巡り竹中正久山本広が対立、弘田は山本広支持を表明していた。しかし、山口組分裂に際し、司は弘田武志を懸命に説得し、ついに弘田組は一和会にも、四代目山口組にも加わらず弘田武志は弘田組を解散しヤクザを引退した[5]

弘道会編集

竹中正久を首領に据える四代目山口組が発足した1984年6月、弘田の引退に際し弘田組の構成員らを伴い弘道会を結成、山口組直参に昇格した。弘田組の「弘」とその道を行く「道」の字から「弘道会」と命名したとされる[5]。1989年5月、渡辺五代目体制の発足に伴い若頭補佐に就任し、ブロック制が導入されてからは中部ブロック長を兼任した。

1997年8月28日の宅見若頭射殺事件を受けた「新頂上作戦」で、護衛の配下組員に拳銃を持たせていたとする銃刀法違反容疑で同年11月に指名手配を受け、翌年6月に逮捕起訴された。1999年7月、10億円の保釈金保釈された。

2001年3月には大阪地方裁判所無罪判決を受けたものの、2004年2月24日、大阪高等裁判所懲役6年の逆転有罪判決を受け、上告高裁判決後収監されたが、10億円の保証金で即日保釈された。

山口組組長編集

2005年3月、弘道会会長を同会若頭髙山清司に譲って二代目弘道会総裁となり、自らは弘田組組長に就任。同年5月、五代目山口組若頭に就任し、7月には六代目山口組組長に就任した。

山口組6代目を継承すると、確実視された銃刀法違反裁判における実刑確定を念頭に、最高幹部人事にあたる「幹部」職創設、倉本組小西一家名跡復活から、國粹会を傘下に収める形での東京進出、五代目会津小鉄会会長との舎弟盃に代表される親戚団体との関係強化を数か月のうちに行った。

2005年11月29日付けで上告が棄却され、銃刀法違反により懲役6年の実刑判決が確定した。同年12月5日に出頭して大阪拘置所に収監され、翌年2月には府中刑務所に移監された。

府中刑務所編集

司の呼称番号は「5100」であったため、「後藤組みたいだな」などと言われたりした。府中刑務所受刑者数は増加の一途で、定員3200人のところ、入りきらないため独居房を2人で使っている。司の独居房は舎房2階一番奥にあり、特別扱いを受けていた。面会のときも担当の刑務官のほかに、部長クラスの幹部が必ず付き添い、廊下で他の懲役囚とすれ違う際には、相手に右を向かせ停止させ、目を合わせることすら禁止されていた。暴力団員だけが配属される工場である「侍工場」には入れさせず、要養護の高齢者が働く軽作業の現場に配属された。他の受刑者には司の顔を知らない者も多くいたため、そうとは知らずに「あんたどっから来たの」などと普通に話しかける者もいたが、司は物静かに大人の対応をしていた。運動時間には30分間変わらぬペースで走るのを日課としており、舎弟達がついていけないほどの強靭な体力を持っていた。また、司は囲碁が好きで強く、刑務所でもよく受刑者と碁を打っていた。相手が負けると見下すのではなく「さっきの手はこうすれば良かったんじゃないかな?」と驕る事なく相手に勝ち方を教え、次に打つ際にはわざと負けるなど器の大きさを見せた。刑務所では模範囚である一級(当時は累進処遇制度により受刑者を級分けし、累があがるほど仮釈放を受けやすくなった)になり、仮釈放になる仮面接にかかったが一年近くもらえる仮釈放を断って満期で出所している[6]

出所後編集

2011年4月9日、未決勾留8か月・服役期間5年4か月で刑期満了となり府中刑務所を出所し[7][8][9]、同年9月には新聞社インタビューに応え、暴力団排除条例について「異様な時代がきた」とするとともに警察当局を批判している[10]。2012年、同年元旦未明に総本部至近の兵庫縣神戸護國神社に、幹部組員らと共に参拝したことが報じられた[11]。2016年1月1日午前0時に、山口組分裂後初めて初詣で神戸護国神社を参拝した[12]

法規命令編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『Head of Japan's most powerful crime syndicate freed from prison』 2011年4月10日 ガーディアン (英語)Shinobu Tsukasa (シノブ・ツカサ)
  2. ^ 『Pre-Notification For Upcoming Designation Of Transnational Organized Criminal Elements>IDENTIFYING INFORMATION: YAKUZA>Entity 1:Yamaguchi-gumi>Person 1: Kenichi Shinoda AKA Shinobu TSUKASA』 (PDF) (p.2) マルタ共和国金融庁 (英語)
  3. ^ 『米、山口組に経済制裁 薬物密輸や人身売買関与』 2012年2月24日 47NEWS共同通信
  4. ^ 『Japan frees Yamaguchi-gumi crime boss Kenichi Shinoda』 2011年4月9日 BBC (英語)Kenichi Shinoda (ケンイチ・シノダ)
  5. ^ a b 山口組情報局「山一分裂時 一和会行きを拒否した司忍」
  6. ^ 宝島「山口組6代目、田代まさし他…、元受刑者に聞いた「府中刑務所」の獄中生活」 2013年08月20日11:48
  7. ^ 山口組組長が出所 活動活発化か、動向警戒 47NEWS 2011年4月9日
  8. ^ 山口組6代目組長出所 活動活発化の恐れ…警察警戒 スポーツニッポン 2011年4月10日
  9. ^ 活動活発化?山口組組長が出所 グリーン車1両を借り切り神戸へ スポーツニッポン 2011年4月9日
  10. ^ “【山口組組長 一問一答】(上)全国で暴排条例施行「異様な時代が来た」 - MSN産経ニュース”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年10月1日). オリジナルの2011年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111001154843/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111001/crm11100112010000-n1.htm 2019年2月3日閲覧。 
  11. ^ 神戸で山口組組長ら、一般客の列に並び参拝 スポーツニッポン 2012年1月1日
  12. ^ 分裂の山口組、組長ら初詣や集会 兵庫県警警戒 - 神戸新聞(2016年1月2日閲覧)
  13. ^ Treasury Imposes Sanctions On Key Members Of The Yakuza And Brothers’ Circle Criminal Organizations(2012年2月23日) アメリカ合衆国財務省

外部リンク編集