司町 (刈谷市)

愛知県刈谷市の地名
日本 > 愛知県 > 刈谷市 > 司町

司町(つかさちょう)は、愛知県刈谷市町名。現行行政地名は司町1丁目から司町9丁目。

司町
市原稲荷神社
司町の位置(愛知県内)
司町
司町
司町の位置
北緯34度59分7.34秒 東経136度58分54.68秒 / 北緯34.9853722度 東経136.9818556度 / 34.9853722; 136.9818556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Kariya, Aichi.svg 刈谷市
町名制定[1] 1960年(昭和35年)
面積
 • 合計 0.326017576km2
人口
(2019年(令和元年)6月1日現在)[3]
 • 合計 1,794人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
448-0834[4]
市外局番 0566(刈谷MA[5]
ナンバープレート 三河

地理編集

刈谷市の西部に位置する[6]。北は城町と、東は広小路と、南は元刈谷川を境として元町港町と、西は逢妻川境川を境として知多郡東浦町と接している[6]

秋葉神社の祭礼である万燈祭には、7ある氏子町として「銀座、司町、新栄町、寺横町、東陽町、広小路、広小路五組」が参加している[7]

歴史編集

1960年(昭和35年)に刈谷市大字刈谷の一部と大字元刈谷の一部が刈谷市司町となった[1]。1968年(昭和43年)には刈谷市と知多郡東浦町を結ぶ境大橋が完成した[1]

1989年(平成元年)時点の世帯数は389、人口は1,299[6]

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)6月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[3]

丁目 世帯数 人口
司町1丁目 75世帯 183人
司町2丁目 49世帯 117人
司町3丁目 64世帯 156人
司町4丁目 74世帯 208人
司町5丁目 137世帯 355人
司町6丁目 41世帯 128人
司町7丁目 320世帯 356人
司町8丁目 115世帯 262人
司町9丁目 14世帯 29人
889世帯 1,794人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 1,356人 [8]
2000年(平成12年) 1,314人 [9]
2005年(平成17年) 1,413人 [10]
2010年(平成22年) 1,592人 [11]
2015年(平成27年) 1,765人 [12]

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[13][14]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
司町1丁目 全域 刈谷市立亀城小学校 刈谷市立刈谷南中学校
司町2丁目 全域
司町3丁目 全域
司町4丁目 全域
司町5丁目 全域
司町6丁目 全域
司町7丁目 全域
司町8丁目 全域
司町9丁目 全域

施設編集

 
映画館の大黒座

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1151.
  2. ^ 愛知県刈谷市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年6月10日閲覧。
  3. ^ a b 町丁別人口” (日本語). 刈谷市 (2019年6月3日). 2019年6月10日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月10日閲覧。
  6. ^ a b c 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1667.
  7. ^ 万燈祭 刈谷市観光協会
  8. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  12. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  13. ^ 小学校学区の一覧”. 刈谷市 (2012年12月21日). 2019年6月10日閲覧。
  14. ^ 中学校学区の一覧”. 刈谷市 (2012年12月21日). 2019年6月10日閲覧。
  15. ^ 平井芳男「市原稲荷神社の例祭と由来」『郷土研究誌 かりや』第32号、2011年、p.30
  16. ^ 市原稲荷神社 刈谷市
  17. ^ 刈谷幼稚園 刈谷市
  18. ^ 紹介 刈谷市
  19. ^ 財団紹介 公益財団法人刈谷少年少女発明クラブ
  20. ^ 『写真集 明治大正昭和 刈谷』国書刊行会、1981年
  21. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年(日本語)。ISBN 4-04-001230-5

関連項目編集