メインメニューを開く

司馬 休之(しば きゅうし、生年不詳 - 417年)は、東晋皇族季預本貫河内郡温県。高祖父は西晋の譙王司馬遜司馬懿の弟の司馬進の子)。曾祖父は司馬氶。祖父は司馬無忌。父は司馬恬。

経歴編集

東晋の鎮北将軍・青兗二州刺史の司馬恬の子として生まれた。402年元興元年)、平西将軍・荊州刺史となった。桓玄に追われて、南燕慕容徳の庇護を求めた。劉裕が桓玄を滅ぼした後、建康に帰還し、再び東晋の荊州刺史となった。

休之は荊州の人心をすこぶる掌握したので、劉裕は休之に謀反の意志があると疑った。休之の子の司馬文思が休之の兄の司馬尚之の後を嗣いで譙王となり、劉裕を追い落とそうと図ったため、劉裕は司馬文思を捕らえて休之のもとに送りつけた。休之は司馬文思の譙王位を剥奪して、劉裕に陳謝した。

415年義熙11年)、劉裕が休之の子の司馬文宝と兄の子の司馬文祖を捕らえて殺害し、軍を率いて休之を討った。休之は安帝に上表して弁明するとともに、鎮北将軍の魯宗之やその子の竟陵郡太守魯軌らとともに起兵して劉裕を討とうとした。劉裕の軍が江陵にやってくると、魯軌とともに襄陽に遁走した。劉裕はさらに進軍して襄陽を攻撃した。後秦の征虜将軍の姚成王と冠軍将軍の司馬国璠(司馬叔璠の兄)が南陽に現れ、北魏明元帝長孫嵩を派遣して河東に駐屯させるなど、休之を救援する動きがあったが、休之が敗れたと聞くといずれも撤退した。休之は司馬文思や魯宗之らとともに長安に逃れ、後秦の庇護を受けた。

417年(義熙13年)、劉裕が北伐して後秦を滅ぼすと、休之は司馬文思や河間王の子司馬道賜・輔国将軍温楷・竟陵郡太守魯軌・荊州治中韓延之・殷約・平西参軍桓謐・桓璲・桓道度・桓道子・勃海の刁雍・陳郡の袁式ら数百人とともに、長孫嵩のもとを訪れて北魏に降った。1月あまりして、長孫嵩の軍中で死去した。征西大将軍・右光禄大夫・始平公の位を追贈された。は声といった。

子女編集

伝記資料編集