吉岡徳仁

デザイナー

吉岡 徳仁(よしおか とくじん、1967年 - )は、日本デザイナーアーティスト2020年東京オリンピックでは聖火リレートーチのデザインを担当[11]

吉岡徳仁 (Tokujin Yoshioka)
TokujinYoshioka2020.jpg
吉岡徳仁
生誕1967年(53 - 54歳)
国籍日本の旗 日本
公式サイトhttp://www.tokujin.com


人物・略歴編集

1967年佐賀県生まれ。幼少時代からレオナルド・ダ・ヴィンチの影響を受け、油絵などの絵画を学び、科学に興味をもつ。

有田工業高校デザイン科卒業。1986年に桑沢デザイン事務所を卒業後[1]倉俣史朗三宅一生のもとでデザインを学び、2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立。[2]

 
「 Tornado/Design Miami 」2007 

グローバル企業のデザインを数多く手がけ、ISSEY MIYAKEをはじめ、カルティエスワロフスキールイ・ヴィトンエルメスTOYOTAなどと、コラボレーションをしている。毎年イタリアで開催されるミラノサローネ国際家具見本市(Salone del Mobile Milano)[3]では、Kartell、Moroso、Glas Italia、Driadeなどの家具ブランドと新作を発表。 

作品は、ニューヨーク近代美術館ポンピドゥー・センター国立近代美術館)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館など、世界の主要美術館に永久所蔵されている[4]

アメリカNewsweek誌による「世界が尊敬する日本人100人」に選出[5]

Design Miami/Designer of the Year、Elle Deco International Design Awards/Designer of the Year、Maison & Objet/Creator of the Yearなどを受賞している[2]

代表作品編集

自然構造の椅子 2001年ー

 
「 Water Block − ガラスのベンチ 」 2002

紙の椅子「Honey-pop」(2001)は、平面から立体へと変化する椅子。わずか1センチに積層させた120枚の薄紙を広げることでハニカム(蜂の巣)構造となり、人が座ることで形状が固定され完成する。[6] 「PANE chair」(2006)は、植物の繊維構造のように、1ミリの細い繊維が絡みあうことで構造を生み出している。制作プロセスは、繊維の塊を紙管に入れ、まるでパンを焼くように釜に入れ、熱をかけることで、椅子の形状が記憶される。[7] 自然結晶の椅子「Venus – 結晶の椅子」(2008)は、水槽の中で自然結晶を成長させることで結晶構造を生み出し、椅子へと変化させる作品。

ガラスプロジェクト 2002年ー

光学ガラスを使用した美しいベンチ「Water Block」(2002)、「Transparent Japanese House」(2002)、雨に消える椅子「Chair that disappears in the rain」(2002)、「Waterfall」 (2005-2006)、「ガラスの茶室 – 光庵」(2011)、「Water Block - PRISM」(2017)などの作品を発表している。ガラスのベンチ「Water Block」は、2011年よりパリのオルセー美術館に展示されている。[8]

 
パリ オルセー美術館 「 Water Block - ガラスのベンチ 」 2002

オルセー美術館 2011年ー

パリのオルセー美術館において、印象派ギャラリーのリニューアルプロジェクトに参加。マネやドガ、モネ、セザンヌ、ルノワールに代表される印象派の絵画とともに、ガラスのベンチ「Water Block」10作品が常設展示され、使用されている。印象派が描いた光と調和し、歴史と現代の新しい対話が始まる空間を創出している。

クリスタライズドプロジェクト 2008年ー

自然結晶の椅子「VENUS – 結晶の椅子」(2008)は、水槽の中で自然結晶を成長させることで結晶構造を生み出し、椅子へと変化させる作品。一つの楽曲が一つの絵画となる作品、「Swan Lake - 結晶の絵画」、「Destiny - 運命」、「Moonlight - 月光」などの作品は、結晶の成長過程において音楽を聴かせ、音の振動によって結晶の形状を変化させることにより完成する。「ROSE - 薔薇の彫刻」は、薔薇の色素を結晶化させた彫刻であり、生命のエネルギーを表現している。[9]

「虹の教会 - Rainbow Church」 2010年・2013年

500個ものクリスタルプリズムから生み出された建築「虹の教会 - Rainbow Church」は、光を知覚する人間の感覚に着目し、見る者が光を体感することにより完成する作品。光そのものが表現されており、プリズムから放たれる分光が空間全体に映し出されることで、虹色に満たされる建築である。[10]

ガラスの茶室 - 光庵」 2011年

2011年、第54回 ヴェネツィア ビエンナーレ国際美術展にて「ガラスの茶室 - 光庵」を建築プロジェクトとして発表し、2015年に京都の天台宗青蓮院門跡境内、将軍塚青龍殿の大舞台に設置された。[11] 将軍塚青龍殿には、日本三大不動の一つに数えられる国宝 青不動明王が奉納されており、標高220メートルの大舞台からは京都市街を一望することができる。この場所は、延暦13年(794年)に桓武天皇が訪れ、京都盆地を見おろしながら京都こそが都にふさわしいと確信し、それをきっかけに都の建設に着手したという日本の文化を象徴する京の都の始まりとなった場所とも言われている。[12]

代表作

 
「 Rainbow Church – 虹の教会 」 2010/東京都現代美術館 2013
 
「 Snow 」/森美術館 2010 (1997)

2000年 Tokujin Yoshioka Design

2000年 TōFU/Yamagiwa

2001年 Honey-pop – 紙の椅子

2001年 THINK ZONE/森ビル

2002年 Water Block – ガラスのベンチ

2002年 Transparent Japanese House − 透明な日本民家

2002年ー2003年 Chair that disappears in the rain – 雨に消える椅子

2004年 Souffle/Maison Hermès

2005年ー2007年 MEDIA SKINau design project KDDI

2006年 The Gate - Tokujin Yoshioka x Lexus

2006年 Waterfall

2006年 PANE chair

2007年 Tornado/Design Miami

2007年 Rainbow chair

2007年 Tear Drop/Yamagiwa

2006年ー2008年 Swarovski Ginza旗艦店

2007年ー2008年 VENUS – Natural crystal chair – 自然結晶の椅子

2007年ー2008年 Crystallized Painting – 結晶の絵画/Moonlight/Destiny/Unfinished

2008年 Eternal/Swarovski Crystal Palace

2010年・1997年 Snow

2009年 Moon Fragment/Cartier

2009年 Lake of Shimmer/Basel World/Swarovski

2010年 X-RAY/KDDI iida

2010年 Stellar/Swarovski Crystal Palace

2010年・2013年 Rainbow Church – 虹の教会

2011年 ガラスの茶室 – 光庵/第54回ヴェネツィア・ヴィエンナーレ国際美術展 Glasstress 2011

2011年 パリのオルセー美術館・印象派ギャラリー・リニューアルプロジェクト

2013年 Crystallized Painting – Swan Lake – 結晶の絵画、Spider's Thread – 蜘蛛の糸、ROSE – 薔薇の彫刻

2013年 Wings of Sparkle/Basel World/Swarovski

2014年 Cartier Time Art – Mechanic of Passion/Power Station of Art

2015年ー2017年 ガラスの茶室 – 光庵/京都将軍塚青龍殿

2017年 Spectrum/資生堂ギャラリー

2017年 Water Block – PRISM

2017年 S.F chair

2019年 2020年東京オリンピックトーチ[13]

2020年 光の結晶/東京地下鉄(東京メトロ)銀座駅パブリックアート[14]

主な展覧会編集

 
「 ガラスの茶室 − 光庵 」 2011 京都将軍塚青龍殿 2015ー2017 

1998年ー2000年 ISSEY MIYAKE Making Things/カルティエ財団現代美術館、Ace Gallery NY、東京都現代美術館

2002年 Tokujin Yoshioka Honey-pop、MDS/G

2005年ー2006年 Tokujin Yoshioka x Lexus/Museum of Permanente

2005年 Stardust/Swarovski Crystal Palace/Milano Design Week

2007年 Tornado/Design Miami/Designer of the year 2007

2007年 Tokujin x Moroso/Milano Design Week

2009年 Story of … Memories of Cartier Creations/東京国立博物館表慶館

2008年 Second Nature展/21_21 DESIGN SIGHT

2010年 Sensing Nature ネイチャー・センス展/森美術館

 
「 ガラスの茶室 − 光庵 」 2011 京都将軍塚青龍殿 2015ー2017

2010年 The Invisibles Snowflake/Kartell Gallery

2011年 TWILIGHT – Tokujin Yoshioka/Moroso/Milano Design Week

2011年 Tokujin Yoshioka : Waterfall/Sharman Contemporary Art Foundation

2011年 ガラスの茶室 − 光庵/第54回ヴェネツィア・ヴィエンナーレ国際美術展 Glasstress 2011

2011年ー2012年・2014年 Cartier Time Art/Bellerive Museum、Artscience Museum、Power Station of Art

2012年 TOKUJIN YOSHIOKA 2012 CREATOR OF THE YEAR/Maison & Objet

2013年 TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize/東京都現代美術館

2014年 第14回ヴェネツィア・ヴィエンナーレ国際建築展 2014

2015年 Make Yourself Comfortable/Chatsworth House

2015年 吉岡徳仁展 – Tornado/佐賀県立美術館

2015年ー2017年 ガラスの茶室 – 光庵/京都将軍塚青龍殿

2017年 TOKUJIN YOSHIOKA_SPECTRUM/資生堂ギャラリー

2017年 TOKUJIN YOSHIOKA x LG : S.F/Milano Design Week

2017年 吉岡徳仁 光とガラス / 21_21 DESIGN SIGHT[15]

2018年ー2019年 吉岡徳仁 ガラスの茶室 − 光庵 / 佐賀県立美術館[16]

2019年ー2021年 吉岡徳仁 ガラスの茶室 − 光庵 / 国立新美術館[17]

世界の美術館による永久所蔵編集

ニューヨーク近代美術館(MoMA)(アメリカ)

ポンピドゥー・センター(フランス)

 
「 Honey-pop – 紙の椅子 」2001

オルセー美術館(フランス)

パリ装飾芸術美術館(フランス)    

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)(イギリス)

クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館(アメリカ)

ヴィトラ・デザイン・ミュージアム(ドイツ)

シカゴ美術館(アメリカ)

サンフランシスコ近代美術館(アメリカ)

セントルイス美術館(アメリカ)

モントリオール美術館(カナダ)

『Honey-pop』『Water Block』『ROSE』東京都現代美術館(日本)[18]

イスラエル美術館(イスラエル)

サムスン美術館リウム(韓国)

主な受賞歴編集

  • 1997年 JCD Design Award大賞(日本)
  • 2000年 I.D. Annual Design Review(アメリカ)
  • 2001年 I.D. Annual Design Review(アメリカ)
  • 2001年 A&W Award The Coming Designer for the Future(ドイツ)
  • 2002年 2001年度毎日デザイン賞(日本)
 
「 VENUS – 自然結晶の椅子 」2007
  • 2005年 Talents du Luxe(フランス)
  • 2007年 第57回芸術選奨文部科学大臣新人賞(芸術振興部門)(日本)
  • 2007年 グッドデザイン賞金賞(日本)
  • 2007年 Design Miami/Designer of the Year 2007(アメリカ)
  • 2008年 Wallpaper Design Awards 2008/Best furniture designer(イギリス)
  • 2008年 DFA Design for Asia Awards/Grand Awards 2008(香港)
  • 2009年 Elle Deco International Design Awards/Designer of the Year 2009(イタリア)
  • 2010年 The 100 Most Creative People in Business 2010(アメリカ)
  • 2010年 TOKYO Design & Art ENVIRONMENTAL AWARDS/Artist of the Year(日本)
  • 2011年 A&W Architektur & Wohnen/Designer of the Year 2011(ドイツ)
  • 2012年 Maison & Objet/Creator of the Year 2012(フランス)
  • 2016年 Elle Deco International Design Awards(EDIDA) 2016(イタリア)
  • 2017年 Milano Design Award 2017 最高賞(イタリア)


書籍・作品集編集

  • 『Tokujin Design』(ギャップ出版、日本、2001年)
  • 『Tokujin Yoshioka Design』英語版/日本語版(ファイドン、イギリス、2006年)
  • 『Second Nature セカンド・ネイチャー』(求龍堂、日本、2008年)
  • 『みえないかたち』(エスクァイア マガジン ジャパン、日本、2009年)
  • 『ネイチャー・センス SENSING NATURE』(平凡社、日本、2010年)
  • 『TOKUJIN YOSHIOKA』(リッツォーリ、アメリカ、2010年)
  • 『TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize』(青幻舎、日本、2013年)
  • 『光庵 – ガラスの茶室』(求龍堂、日本、2017年)

TV出演編集

  • プロフェッショナル 仕事の流儀』第53回(2007年6月5日放送)NHK
  • 情熱大陸』(2010年6月20日放送)毎日放送
  • 日曜美術館』「ネイチャー・センス展」(2010年9月26日放送)NHK
  • 『極上美の饗宴』(2012年3月5日放送)NHK
  • SWITCH インタビュー達人達』(2014年3月8日放送)NHK
  • 『日曜美術館』「ガラスの茶室 – 光庵」(2015年6月28日放送)NHK
  • 『日曜美術館』「吉岡徳仁 スペクトル」(2017年2月17日放送)NHK
  • 『桜の聖火トーチ ~日本の心 宿して~』(2019年3月26日放送)NHK
  • 『明日へ つなげよう』「トーチ開発の舞台裏に独占密着!「桜の炎〜誕生 聖火リレートーチ〜」」(2019年5月19日放送)NHK[19]
  • 『東京交差点』「聖火リレートーチ」(2019年7月23日放送)テレビ東京[20]
  • 東京の空』「匠たちの挑戦!東京2020」(2020年2月23日)TBSテレビ[21]
  • 新美の巨人たち』「今こそアートのチカラを 第9弾 GINZA SIX」(2020年7月11日)テレビ東京[22]

脚注編集

  1. ^ 〈桑沢〉卒業生 吉岡徳仁氏 学園理事長賞受賞”. 専門学校 桑沢デザイン研究所. 2020年12月23日閲覧。
  2. ^ a b 吉岡徳仁-クリスタライズ”. 東京都現代美術館. 2020年12月23日閲覧。
  3. ^ <Salone del Mobile.Milano >
  4. ^ Centre Pompidou < Fauteuil Pane Chair>, MoMA <Tokujin Yoshioka Honey-Pop Armchair>
  5. ^ NewsWeek 2007年10月17日号。工業・空間デザイナーとして
  6. ^ V&A Search the collections <Honey-pop >
  7. ^ Domus <Thanks to National Geographic. Tokujin Yoshioka: Pane Chair>
  8. ^ オルセー美術館ホームページ <Water brock benches> , Designboom <Tokujin Yoshioka: water block at Musee d’orsay>
  9. ^ Dezeen <Second Nature by Tokujin Yoshioka> , Domus <tokujin yoshioka crystallizes swan lake and rose> , 東京都美術館 <吉岡徳仁 – クリスタライズ>
  10. ^ Dezeen <Rainbow Church by Tokujin Yoshioka>
  11. ^ Exite ism <吉岡徳仁「光庵 – ガラスの茶室」がヴェネツィア・ビエンナーレに> 産経ニュース <美の扉 吉岡徳仁「ガラスの茶室 – 光庵」> Dezeen <Tokujin Yoshioka Installs glass tea house decide an ancient Japanese temple>
  12. ^ <将軍塚青龍殿>
  13. ^ 五輪トーチ、桜がモチーフ 被災地仮設住宅の廃材を利用 朝日新聞2019年3月20日
  14. ^ “資生堂、東京メトロ銀座線銀座駅にパブリックアート「光の結晶」を寄贈” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 資生堂, (2020年10月12日), オリジナルの2020年11月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201113083634/https://corp.shiseido.com/jp/newsimg/2981_c1y92_jp.pdf 2020年11月13日閲覧。 
  15. ^ 吉岡徳仁 光とガラス”. 21_21 DESIGN SIGHT. 2020年12月23日閲覧。
  16. ^ 吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵”. 佐賀県. 2020年12月23日閲覧。
  17. ^ 特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」”. 国立新美術館. 2020年12月23日閲覧。
  18. ^ 「TOKYO DIGITAL MUSEUM」[1]
  19. ^ 『明日へ つなげよう』これまでの放送”. 日本放送協会. 2020年12月23日閲覧。
  20. ^ 『東京交差点』バックナンバー”. テレビ東京. 2020年12月23日閲覧。
  21. ^ 『東京の空』Backnumber”. TBSテレビ. 2020年12月23日閲覧。
  22. ^ バックナンバー|新美の巨人たち:テレビ東京” (日本語). テレビ東京. 2021年1月5日閲覧。

外部リンク編集