メインメニューを開く

人物・来歴編集

1910年(明治43年)3月11日に生まれる。

1933年(昭和8年)国学院の大学学部国史学科を卒業し、文部省維新史料編修官となった。戦時中、貴重資料・図書と共に福島県福島経済専門学校、のち飯坂温泉近郊)に疎開し、戦後は東京大学史料編纂所(室長・部長)に長く勤務したが、この間、文部事務官から文部教官(東京大学助手)へと転じ、講師、次いで助教授へと昇任して、1969年(昭和44年)に東京大学教授となった。停年退職後は国学院大学講師(1971-1973)、青山学院大学大学院講師(1972-1981)を委嘱され、1975年(昭和50年)駒澤大学大学院・文学部教授に就任、1987年(昭和62年)3月末の停年まで大学院の研究科で日本史学専攻主任を勤めた。

唐人お吉安政の大獄などについて研究を行い、1967年(昭和42年)のNHK大河ドラマ三姉妹』で時代考証を担当した。孝明天皇毒殺説の反対者でもある。

1993年(平成5年)3月19日、心不全のため死去した。満83歳没。

ビブリオグラフィ編集

単著編集

校訂など編集

外部リンク編集