メインメニューを開く

吉田 良三(よしだ りょうぞう、1878年1月10日 - 1944年7月12日)は、日本の会計学者。東京商科大学(現一橋大学名誉教授。近代簿記会計の開拓者として知られる。早稲田大学教授、東京商科大学教授、中央大学教授を歴任し、会計教育でも大きな影響力を持った。

目次

人物・経歴編集

高知県高知市出身。旧姓・宇賀。海南中学校長の吉田数馬の書生となり、のち養子となる[1]。1903年東京高等商業学校(現一橋大学)専攻領事科卒、商学士。1935年「間接費の研究」で東京商科大学商学博士。1902年から早稲田大学で講師として教え、1906年から早稲田大学教授を務める。1913年から欧米留学し、コロンビア大学原価計算J・リー・ニコルソンに師事するなどした。1918年、大学昇格を目指して科目増強を図っていた母校東京高等商業学校に教授として招かれ、原価計算を担当。1924年、原価計算を太田哲三に任せ、文部省在外研究員として再留学。当時はちょうど東京高商の大学昇格にあわせ拡充がなされていた時期で、多くの教員が留学に出ており、同僚の本間喜一渡邉大輔大塚金之助金子鷹之助井藤半彌増地庸治郎や、神戸高等商業学校から留学していた八木助市坂本彌三郎石田文次郎田中金司五百籏頭眞治郎北村五良平井泰太郎名古屋高等商業学校宮田喜代蔵赤松要らと、日本料理店や日本人クラブで研究会を開いたり将棋をしたりするなどして交流した。帰国後東京商科大学教授となり1938年定年退職、名誉教授、中央大学商学部長となった。近代簿記会計の開拓者で、複式簿記、原価計算の事実上の大成者。日本で初めて『会計学』という本を出すなど、会計教育でも大きな影響力を持った[2][3][4][5]。弟子の畠中福一及び阿久津桂一は、助手着任後相次いで夭逝した[6][7]

著書編集

  • 『最新商業簿記学』同文館 1905
  • 『最新銀行簿記』同文館 1906
  • 『最新商業簿記』同文館 1907
  • 『最新商業簿記例題』同文館 1908
  • 『会計学』同文館 1910
  • 『近世商業簿記』同文館 1914
  • 『最新式近世銀行簿記』同文館 1914
  • 『最新式近世簿記精義』同文館 1914
  • 『工場会計』同文館 1917
  • 『会計監査』同文館 1921
  • 『銀行簿記教科書』同文館 1923
  • 『商業簿記教科書』同文館 1923
  • 『工業簿記と原価計算』同文館 1928
  • 『銀行簿記提要』同文館 1929
  • 『工業簿記提要』同文館 1929
  • 『工業会計研究』森山書店 1930
  • 『会計学の常識』千倉書房 1931
  • 『原価計算』会計学全集 東洋出版社 1934
  • 『商業簿記提要』同文館 1934
  • 『工業会計』千倉書房 商学全集 1935
  • 『間接費の研究』森山書店 1936
  • 『実践商業簿記』同文館 1936
  • 『会計監査総論』同文館 1942
  • 『簿記概論』同文館出版部 1942
  • 『原価計算提要』三省堂 1944
  • 『会計學講話』千倉書房 1947

記念論文集編集

  • 『吉田良三先生原口亮平先生還暦祝賀論文集』日本会計学会編 森山書店 1940-41

脚注編集