メインメニューを開く

吉野 利弘(よしの よしひろ、1940年4月25日 - )は、日本の英語学者立教大学名誉教授

人物編集

千葉県茂原市出身。英語史を専門とし、古英語中英語英語英文学研究史を主に研究・講義。古英語韻文統語論に始まり、イギリスにおける英語英文学研究思想の発生・変遷などについての造詣が深い。大学卒業後、いったん高校教諭の職に就くが、一念発起して大学院に入学。大学院在学中にフルブライト奨学金受給生となり、2年6ヶ月にわたり渡米。その後長年、立教大学にて教鞭を執ったが2006年に定年退職。

学歴編集

学位編集

学位請求論文: Poetic Syntax in the Old English Meters of Boethius: A Comparative Study of Verse & Prose

職歴編集

著書・論文編集

  • "A Restriction on Passivization in Old English" (1977年)
  • 「ヴァリエーションの意味条件」 (1984年)
  • 「OE頭韻詩とME頭韻詩との文体上の差異 -大修辞形をめぐって-」 (1989年)
  • 「文字の発達」 (1994年)
  • "Saeswife or Sae Swife? -A Case for a Bird's Eye-view of an OE Poetic Text-" (1995年)

関連項目編集