メインメニューを開く

名古屋市東山公園テニスセンター

名古屋市東山公園テニスセンター(なごやしひがしやまこうえんテニスセンター)は、愛知県名古屋市に在する庭球競技場。

名古屋市東山公園テニスセンター
施設情報
所在地 愛知県名古屋市天白区天白町大字八事字裏山60-19
位置 北緯35度8分51.65秒 東経136度58分24.40秒 / 北緯35.1476806度 東経136.9734444度 / 35.1476806; 136.9734444座標: 北緯35度8分51.65秒 東経136度58分24.40秒 / 北緯35.1476806度 東経136.9734444度 / 35.1476806; 136.9734444
開場 1993年7月16日
運用者 東山の森3Mパートナーズ
グラウンド ハードコート
使用チーム、大会
収容能力
3,000名

概要編集

本競技場は、名古屋市民の憩いの場として知られる東山公園の一角に建設され、1993年7月16日に開場した[1]

1994年の第49回国民体育大会(愛知国体/わかしゃち国体)では硬式/軟式のテニス競技の会場として使用された[2]

本競技場は国際規格で造成されているため、国際大会から一般大会まであらゆるカテゴリーの公式競技の開催が可能となっている。2018年度を例に取ると、愛知県を中心に東海エリアのジュニアカテゴリー(主に中学校・高等学校年代)大会の開催実績が高い[3]

なお、本競技場はスポーツ用品メーカーの美津濃を代表とし、同社の子会社であるMIZUNOスポーツサービス、名古屋市の外郭団体である名古屋市みどりの協会の三者により構成される『東山の森3Mパートナーズ』が指定管理者に指名され、2016年4月1日より2019年3月31日まで本競技場及び付随施設の管理を担当している[4]

2026年に愛知県及び名古屋市の共同により開催される予定の2026年アジア競技大会では硬式/軟式両方のテニス競技の会場となる予定である[5]

施設編集

  • 敷地面積:約8.6ヘクタール
  • センターコート:1面(ハードコート、3,955平方メートル、観客席収容数:3,000名)
  • 屋内コート:4面(4,320平方メートル、観客席収容数:500名)
  • 屋外コート:15面

脚注編集

  1. ^ 天白区のあゆみ 名古屋市天白区
  2. ^ 国民体育大会 アーカイブス (PDF) 日本スポーツ協会
  3. ^ 東山公園テニスセンター大会予定 (PDF) Mizunoスポーツサービス
  4. ^ 東山公園テニスC指定管理 東山の森3Mに 建通新聞 2015年10月23日
  5. ^ 第20回アジア競技大会開催構想 (PDF) 愛知県名古屋市

外部リンク編集