天白区

名古屋市の区

天白区(てんぱくく)は、名古屋市を構成する行政区16区のひとつである。名古屋市の東部に位置しており、住宅地の性格が強い区である。中世には鳴海庄天白村であった。天白の名は、1906年に愛知郡天白村が成立したときに、区域を流れる川(天白川)から名前を採ったことに始まる。

てんぱくく
天白区
Nougyoucenter7.JPG
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
名古屋市
団体コード 23116-9
面積 21.58km²
総人口 163,956
推計人口、2017年8月1日)
人口密度 7,600人/km²
隣接自治体
隣接行政区
名古屋市千種区南区昭和区名東区瑞穂区
緑区
日進市
区の木 キンモクセイ
区の花 マーガレット
天白区役所
所在地 468-8510
愛知県名古屋市天白区島田二丁目201番地
北緯35度7分21.9秒東経136度58分30.4秒座標: 北緯35度7分21.9秒 東経136度58分30.4秒
天白区役所
外部リンク 名古屋市天白区
天白区の県内位置

天白区位置図

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

 
寄鷺橋

天白川の名前は、河口付近(緑区鳴海町天白橋)に天白神が祀られていたことに由来し、そこからやや上流の天白区野並から下流は、江戸時代に埋め立てが進むまでは、鳴海潟(より古くは阿由知潟)と呼ばれた干潟であった。天白橋付近に渡し場があり、船で笠寺・熱田方面に向かい、陸路の場合は、野並より上流で渡っていた。

そこで祭られていた天白神は緑区鳴海町の成海神社から、現在の緑区白土の熊野日白社として祀られている。天白神は洪水から田畑を守る神といわれる。養蚕との関連、瀬織津姫との関連性を指摘する学説もある。

地理編集

 
植田川と桜
 
名城大学タワー75から見た天白区

天白川および植田川周辺の平坦な地形と区北部の植田山、西部の音聞山、南部の相生山に見られるような丘陵地を合わせ持つ。また、平針の森にはトウカイモウセンゴケが生えており、また、子ども達の遊び場、豪雨時に水を蓄える役割をするため、住民にとって安心できる森であるものの、その一部の「平針の里山」はCOP10開催中の2010年から開発が始まり、河村市長が買い取りを計画したり「平針の里山保全協議会」が保全に向けての取り組みをしたものの、2012年には住宅地として分譲を始めた。

編集

主な山

河川編集

主な河川

湖沼編集

主な池
  • 荒池
  • 大根(おおね)池
  • 細口池
  • 戸笠池

隣接する自治体・行政区編集

名古屋市の行政区
他の市町村

区内の町名編集

名古屋市の地名#天白区を参照。

歴史編集

 
尾張名所図会野並の梅」
  • 室町時代、天白川流域に鳴海荘の一部として水田が広がる。

戦国時代には、鳴海荘の横地氏植田城を天白川沿いに造り、今川氏の側について川ぞいの領主となる。 一方丘陵地帯ぞいでは織田信長の妹の婿である牧長義が、島田城を修理し出城に構え、牧虎蔵を城主とし、織田方につき、ため池による新田開発を始めていた。牧氏は、桶狭間の戦いで丹下砦に配備され功績をあげている。織田信長は桶狭間の合戦以前から、今川方と、現在の名東区・天白区から西三河に至るまでの丘陵地帯の領地紛争にからんだ戦闘をしており、平針の秋葉山慈眼寺で、戦勝祈願をしていた。

  • 江戸時代、植田村は伝馬除地(免租地)、野並村熱田神宮領、平針村は桶狭間の戦いの元今川方浪人の村瀬氏が飯田街道と岡崎姫街道が交差する平針の宿を開き、島田村とともに、尾張藩の領地となった。

沿革編集

  • 1889年 野並村と島田村が合併し、島野村になる。
  • 1906年 植田村、島野村、平針村が合併し、天白村になる。
  • 1955年 天白村が名古屋市に編入合併されて、昭和区天白町になる。
  • 1975年 昭和区天白町が分区し、天白区になる。一部(梅森坂学区)は名東区になる。
  • 2000年 9月11日、東海豪雨により野並地区で大きな被害が出る。

施設編集

警察編集

本部
交番

消防局編集

本部
消防署
出張所
  • 植田出張所(天白区焼山1-807)
  • 島田出張所(天白区島田3-301)

医療編集

主な病院

図書館編集

主な図書館

郵便局編集

主な通便局

文化施設編集

運動施設編集


経済編集

 
八事ロマンロード専門店街

商業編集

主な商業施設

主な街編集

主な企業編集

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

友好都市

政令指定都市行政区では珍しく、長野県中川村と「ふれあい協定」を結んでおり、友好都市を持っている。

交通編集

鉄道編集

  名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)

その他、 名城線八事駅(昭和区)の西側(総合リハビリセンター駅方)で僅かながら当区を通過している。 区役所へはどの駅からも距離がある。植田駅・野並駅などから市バスに乗り換え、「島田」バス停下車が便利。この他に区域から徒歩圏内にある駅として、八事駅(昭和区)、赤池駅(日進市)、相生山駅(緑区)がある。

バス編集

道路編集

自動車専用道路
一般国道
主要地方道
一般県道
幹線道路の道路通称名

<南北の道路>

<東西の道路>

教育編集

観光編集

 
島田緑地自然生態園

名所・旧跡編集

主な城郭
主な寺院
  • 秀伝寺 
  • 慈眼寺 
  • 泰増寺 
  • 栄久寺
  • 泉称寺
  • 全久寺
  • 一乗院
  • 法林寺
  • 教心寺
  • 政秀寺
  • 東連寺
  • 淨久寺
  • 常楽寺
  • 聖徳寺
  • 一心寺
  • 高照寺 
  • 善光寺 
  • 日光院 
  • 仏地院 
  • 大学院 
  • 地蔵寺 
  • 政林禅寺 
  • 徳林寺 
  • 観音寺
主な神社
  • 秋葉神社
  • 植田八幡社
  • 済社宮
  • 塩竈神社
  • 島田神社
  • 菅田神社
  • 中山神社
  • 針名神社 - 1000年以上の歴史がある。
  • 御嶽神社
  • 八事神社
  • 八劔社
主な宗教施設

観光スポット編集

文化施設
主な緑地
主な公園
その他

出身有名人編集

スポーツ選手編集

外部リンク編集