君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。

日本の中原めいこの楽曲

君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」(きみたちキウイ・パパイア・マンゴーだね。)は、中原めいこ1984年4月5日にリリースした6枚目のシングル。彼女の名を世間に広めた代表曲である[1][2]

君たちキウイ・パパイア・
マンゴーだね。
中原めいこシングル
初出アルバム『ロートスの果実
B面 ふたりのRainy day
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル EAST WORLD / 東芝EMI
EP:WTP-17600
作詞・作曲 中原めいこ(作詞・作曲)
森雪之丞(作詞 #1)
プロデュース 新川博
チャート最高順位
中原めいこ シングル 年表
スコーピオン
1983年
君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。
1984年
エモーション
(1984年)
ロートスの果実 収録曲
メランコリー Tea Time
(5)
君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。
(6)
こんな気分じゃ帰れない
(7)
テンプレートを表示

リリース 編集

本曲はカネボウの夏の化粧品キャンペーンのテーマソングとして企画され、「君たちキウイパパイアマンゴーだね。」というコミックソングのようなタイトルは広告代理店が指定したものである[3]。中原はこのタイトルを「太陽の日差しを浴びて色とりどりに輝く女性をイメージしたもの」と捉え、得意のトロピカルでラテン・テイストなポップソングに作詞・作曲した[3]

本曲はCMソングとして各媒体で繰り返し流され、突飛なタイトルとノリの良いリズムが話題を呼んだ[3]。これは前年に大ヒットした「め組のひと」(ラッツ&スター)の流れをくむ、ファンカラティーナ(Funk-A-Latina、ファンクラテン音楽を融合させたロンドン発のムーブメント)の流行の一部としても捉えられる[4]。イントロは「That's A Plenty英語版」の引用。

レコーディング 編集

レコーディング当日の東京は雪模様だったが、真夏のテンションを出すため、スタジオでは暖房を全開にし、中原はTシャツ姿で汗だくになりながら収録した[3]

チャート成績 編集

オリコンチャートで初めて10位以内にランクイン(週間最高8位)、レコード売り上げ27万枚、音楽番組『ザ・ベストテン』で最高6位にランクインするなど、中原自身最大のヒット・シングルとなった[3]

収録曲 編集

EPレコード[5]
全作曲: 中原めいこ、全編曲: 新川博
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。中原めいこ・森雪之丞中原めいこ
2.ふたりのRainy day中原めいこ中原めいこ
合計時間:

クレジット 編集

カバー 編集

曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。 BONNIE PINK meets Mansfield トリビュートアルバム『Words of 雪之丞 2006年4月26日
嵐山小夜子&カヤ(白石涼子&名塚佳織 アルバム『歌声喫茶方舟 〜アキナイチュウ〜』 2009年12月23日 テレビ東京系アニメ『夏のあらし! 〜春夏冬中〜』挿入歌
chay アルバム『makeup 80's 2013年1月23日
範田紗々 with DJ SASA アルバム『WE LOVE GOYA』 2013年7月17日
ベッド・イン アルバム『Endless Bubble〜Cover Songs vol.1〜』 2019年4月3日
降幡愛 アルバム『Memories of Romance in Summer』 2022年4月27日
BENI デジタルシングルにて配信リリース 2022年9月21日

脚注 編集

  1. ^ 中原めいこ”. CDJournal. 音楽出版社. 2019年1月14日閲覧。
  2. ^ 中原めいこ -レビュー(試聴記)-”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年6月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e 【1984年6月】君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。/中原めいこの本領発揮”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 365日 あの頃ヒット曲ランキング. スポーツニッポン新聞社 (2011年6月4日). 2019年1月14日閲覧。
  4. ^ 和久井光司 (2016年5月23日). “1983年の今日、5月23日、シャネルズから改名したラッツ&スター「め組のひと」がオリコン・チャートの1位を獲得”. 大人のMusic Calendar. ニッポン放送. 2019年2月7日閲覧。
  5. ^ 中原めいこ* - 君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。”. Discogs. 2020年5月31日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集