和田村 (長野県小県郡)

日本の長野県小県郡にあった村

和田村(わだむら)は、長野県中東部に位置する小県郡にあった

わだむら
和田村
廃止日 2005年10月1日
廃止理由 新設合併
長門町和田村長和町
現在の自治体 長和町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
小県郡
市町村コード 20347-5
面積 87.81km2
総人口 2,446
推計人口、2005年9月1日)
隣接自治体 松本市諏訪市
長門町武石村下諏訪町
村の木 シラカバ
村の花 レンゲツツジ
村の鳥
村の獣
ヤマガラ
シカ
和田村役場
所在地 386-0701
長野県小県郡和田村2872
和田村役場(現・長和町役場和田庁舎)
座標 北緯36度12分26.2秒
東経138度12分51.3秒
和田村の県内位置図
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

概要編集

その昔は中山道和田峠越え前の宿場として栄えた。昭和40年代の最盛期には村人口が7,000人を超えたが、平成に入ると過疎化が進み人口は3,000人を下回った。国道142号沿いに、和田宿ドライブスルーが整備されている。和田峠山麓から湧き出る水は名水として知られ、全国各地からその水を飲みに訪れる観光客が絶えない。

地理編集

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

  • 1506年永正3年)信濃国小県郡和田村が成立したという記録が残っている。
  • 1871年明治4年)11月 廃藩置県により長野県小県郡和田村となる。
  • 1879年(明治12年)1月14日 小県郡制施行により和田村発足。
  • 1889年(明治22年)4月1日 市町村制施行に及んでも合併を行わずに発足。
  • 2005年平成17年)10月1日 小県郡長門町と合併し小県郡長和町発足。これにより499年に及ぶ歴史に幕を閉じた。

経済編集

産業編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば和田村の篤農家は「長井新一、龍野文一、手島砂、瀧澤義重、佐藤惣助、佐藤巳之作、小林幸次郎、樽澤喜康治、長井直衛、長井次郎」などがいた[1]

地域編集

教育編集

交通編集

道路編集

国道

県道

名所・旧跡・観光編集

出身・ゆかりのある人物編集

脚注編集

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。

関連項目編集