メインメニューを開く

武石村(たけしむら)は、室町時代から2006年3月6日まで(ただし、途中で分割されていた時期があった。)長野県に存在していたである。

武石村
廃止日 2006年3月6日
廃止理由 新設合併
上田市丸子町真田町武石村上田市
現在の自治体 上田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
小県郡
団体コード 20346-7
面積 87.67km2
総人口 4,089
推計人口、2006年3月1日)
隣接自治体 松本市
丸子町長和町
村の木 トガ
村の花 ツツジ
村の鳥 ヤマドリ
武石村役場
所在地 386-0592
長野県小県郡武石村大字上武石77番地
武石村役場(現・武石地域自治センター)
座標 北緯36度16分59.4秒
東経138度13分49.3秒
武石村の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト
武石公民館

2006年3月6日に隣接する上田市丸子町真田町と合併し、新しい上田市となった。

地理編集

長野県の中央部、美ヶ原高原の東側の山麓に位置する。村域は東西に長く、西部の松本市との境界に村名の由来となった武石峰がそびえる。

隣接していた自治体編集

歴史編集

武石村の起源は古く室町時代には依田庄武石郷と記載されている。戦国時代に信濃国小県郡武石村から同国同郡上武石村、下武石村の2ヶ村に分割されさらに江戸時代には2ヶ村から上武石、下武石、上本入、下本入、余里、鳥屋、沖、小沢根の8ヶ村に分割されて明治維新を迎えることとなる。江戸時代は上田藩領に属していた。歴史は自治体としては107年、記録が残っているのを含めると約700有余年に及んだ。武石村役場は発足後上田市役所武石地域自治センターと改称した。

沿革編集

友好都市編集

交通編集

鉄道編集

村内を走る鉄道路線は無い。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、しなの鉄道しなの鉄道線大屋駅

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身有名人編集

その他編集

関連項目編集