和田 賢助(わだ けんすけ、1861年11月30日文久元年10月28日) - 1939年昭和14年)10月20日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将[1]鹿児島県出身[1]

人物編集

海軍兵学校(8期)、海軍大学校(甲号5期) 、海軍砲術練習所の各学生を経て、1894年(明治27年)筑紫分隊長に補される。累進して海軍中佐となり愛宕葛城 等の艦長を務め、1902年(明治35年)には海軍大佐となり、金剛和泉須磨浪速見島常磐敷島 の各艦長を歴任した。1908年(明治41年)海軍少将に任官、横須賀海軍工廠工廠長となる。その後は、佐世保鎮守府予備艦隊司令官や横須賀鎮守府参謀長などを経て1913年(大正2年)5月31日、海軍中将に昇進したが同日付けで予備役編入となった。

経歴編集

栄典・授章・授賞編集

勲章等

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『帝国海軍将官総覧』147項
  2. ^ 『官報』第3144号「叙任及辞令」1893年12月20日。
  3. ^ 『官報』第3241号「叙任及辞令」1894年4月23日。
  4. ^ 『官報』第4327号「叙任及辞令」1897年12月2日。
  5. ^ 『官報』第5152号「叙任及辞令」1900年9月3日。
  6. ^ 『官報』第5231号「叙任及辞令」1900年12月7日。
  7. ^ 『官報』第5479号「叙任及辞令」1901年10月5日。
  8. ^ 『官報』第5779号「叙任及辞令」1902年10月7日。
  9. ^ 『官報』第5793号「叙任及辞令」1902年10月24日。
  10. ^ 『官報』第5931号「叙任及辞令」1903年4月14日。
  11. ^ 『官報』第6089号「叙任及辞令」1903年10月16日。
  12. ^ 『官報』第7022号「叙任及辞令」1906年11月24日。
  13. ^ 『官報』第7231号「叙任及辞令」1907年8月6日。
  14. ^ 『官報』第7393号「叙任及辞令」1908年2月21日。
  15. ^ 『官報』第7554号「叙任及辞令」1908年8月29日。
  16. ^ 『官報』第8037号「叙任及辞令」1910年4月11日。
  17. ^ 『官報』第8536号「叙任及辞令」1911年12月2日。
  18. ^ 『官報』第8717号「叙任及辞令」1912年7月10日。
  19. ^ 『官報』第251号「叙任及辞令」1913年6月2日。
  20. ^ 『官報』第709号「叙任」1885年11月10日。
  21. ^ 『官報』第1970号「叙任及辞令」1890年1月25日。
  22. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  23. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  24. ^ 『官報』第5846号「叙任及辞令」1902年12月26日。
  25. ^ 『官報』第7377号「叙任及辞令」1908年2月1日。
  26. ^ 『官報』第167号「叙任及辞令」1913年2月21日。
  27. ^ 『官報』第311号「叙任及辞令」1913年8月12日。
  28. ^ 『官報』第3727号「叙任及辞令」1895年11月29日。
  29. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。

参考文献編集

  • 官報
  • 『帝国海軍将官総覧』太平洋戦争研究会