メインメニューを開く

品川 正治(しながわ まさじ、1924年7月26日 - 2013年8月29日)は、元・日本火災海上保険(現損保ジャパン日本興亜)会長で、経済同友会終身幹事、財団法人国際開発センター会長。新自由主義的な経済政策への批判、平和主義護憲の立場から発言や運動を行っていた。「平和・民主・革新の日本をめざす全国の会」(全国革新懇)の代表世話人。

経歴・人物編集

兵庫県神戸市出身。第二次世界大戦中の1944年12月、旧制神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)卒、旧制第三高等学校在学中に大日本帝国陸軍召集され、中国戦線に出兵する。戦闘で負傷し、散弾の破片を体内に残していた。中国で二等兵のまま終戦を迎え、抑留の後、1946年復員。帰国の復員船で日本国憲法草案を伝える新聞を読み、強い感動を覚えたと語っている。

1949年東京大学法学部政治学科卒業。同年日本火災海上保険(現損保ジャパン日本興亜)に入社。同社社長(1984-1989年)、会長(1989-1991年)を歴任。1991年より相談役。

1993年から1997年まで経済同友会副代表幹事・専務理事を歴任。その後同終身幹事に就任する。2004年、財団法人国際開発センター理事・会長に就任。

実業界、経済同友会での経歴から財界人との人的つながりを持つとされる。新自由主義的への批判と護憲という共通点から日本共産党が主催する赤旗まつりへの参加や、同党と共闘する政治運動「平和・民主・革新の日本をめざす全国の会」(全国革新懇)の代表世話人の一員を務めた。

2013年8月29日、食道癌のため死去[1]。89歳没。岩波書店の『世界』に回顧録「戦後歴程」を連載していたが、絶筆となった。

著書編集

単著編集

  • 『戦争のほんとうの恐さを知る財界人の直言』(新日本出版社、2006年)
  • 『9条がつくる脱アメリカ型国家―財界リーダーの提言』(青灯社、2006年)
  • 『これからの日本の座標軸』(新日本出版社、2006年)
  • 『戦後歴程―平和憲法を持つ国の経済人として』(岩波書店、2013年 『世界』に連載されていたものの再録)

共著編集

共編著編集

  • 『日本企業のコーポレート・ガバナンスを問う』(牛尾治朗共著、商事法務研究会、2000年)

対談編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集