メインメニューを開く

赤旗まつり(あかはたまつり)とは、日本共産党が主催する一般向けの催事

  1. 日本共産党の中央機関が主催する催事
  2. 日本共産党の地方機関が主催する催事 - 当該地名を冠する事が多い。

本項では1について詳述する。


日本共産党 > しんぶん赤旗 > 赤旗まつり
赤旗まつり
第40回赤旗まつり中央舞台(夢の島公園 2010年11月)
第40回赤旗まつり中央舞台(夢の島公園 2010年11月)
イベントの種類 参加型複合型イベント
開催時期 11月上旬
初回開催 1959年
最終開催 2014年(第41回)
会場 夢の島公園(第41回)
主催 日本共産党中央委員会赤旗まつり実行委員会
協賛 あかつき印刷
日本の科学者(本の泉社)
スターリン秘史(新日本出版社
若者よ、マルクスを読もうII(かもがわ出版
レイラ化粧品
教宣文化社
ヤマシュウ真珠商会
音楽センター[1]
来場者数 約10万人(第40回)
最寄駅 新木場駅
公式サイト
備考
会場は変遷

赤旗まつり(あかはたまつり)とは、1959年に始まった日本共産党中央委員会赤旗まつり実行委員会が主催する一般向けの政治・社会・文化系の複合型催事である。近年は東京都江東区夢の島にある夢の島公園にて数年に一度、11月3日文化の日)の前後2 - 3日間に開催された。

概要編集

近年は日本共産党幹部による講演・有名人との対談を筆頭に音楽家・歌手の野外コンサート落語を目玉行事に据え、同党や社会運動の集会・展示会、囲碁将棋うたごえフットサルアーチェリーなど文化・スポーツ関係の行事に数多くの物産展・著者サイン会などを加えた大規模催事。共産党による主題を持ち、共産党と市民との接点を基調としながらもごく一般向けの催事であり、各プレイガイドでも入場券を取り扱って対象を幅広くした。

特にベテラン有名歌手の出演は通例化しており、一般的なコンサートと比べても安価であることもあって有名人目当ての一般参加者も多かった。物産展は各地・少数民族[2]さらには外国[3]の料理・民芸品・特産物など様々な模擬店が出店し、屋外見本市展示即売会の様相を呈している。イワナの塩焼き(串焼き料理)が特に有名で、同まつりの象徴的な提供食品となっている。党本部からも出店した。

一方、各都県ごとの小集会などの党内的な行事も会場内の一部を使用して行っていたり、SNS等のオフ会が行われることもあり[4]、様々な側面がある。会場内では、係員まで配置してゴミの分別収集を徹底させた。

最寄駅と会場の間の道路は歩行者で混雑し、交通整理がなされる。各地の党後援会が仕立てた貸切バスで参加する人も多く、終了時刻前には多数のバスが連なって停車している様子が見られた。第41回(2014年)では実に618台のバスが動員された[5]。また会場近くでは、反共を掲げる街宣右翼団体が街宣車から軍歌君が代を大音量で流し、「日共粉砕」を叫ぶ抗議活動が展開される場合があった。その教条ぶりが参加する演芸関係者からの絶好のいじりの対象となった。

歴史編集

第1回アカハタ祭り(「しんぶん赤旗」の旧称「アカハタ」より)は、1959年(昭和34年)11月8日に、浜離宮恩賜庭園(東京都港区)で開催された。その後、回を重ねるなかで日程も長くなり、場所も多摩湖畔(東京都東大和市)や調布飛行場跡地(東京都調布市)など郊外の大規模会場で開催されるようになった。近年は2-3日間開催であるが、4日間開催されたこともあった。

また、1985年(昭和60年)には大阪府堺市大泉緑地で開催された(今後各地を巡回することが報道されたが、この後は東京または近郊での開催のみに落ち着いている)。1988年(昭和63年)には、昭和天皇が病で多数のイベントが「自粛」される中で開催された(この開催は右翼団体による反発も強くするものであった)。1992年(平成4年)から夢の島公園(東京都江東区)開催が定着している。近年は、国政選挙が予想される場合には、延期されることがある。

第41回編集

  • 開催日 2014年(平成26年)11月1日、2日、3日
  • 会場 夢の島公園(東京都江東区夢の島)

主な催し物編集

第40回編集

  • 開催日 2010年(平成22年)11月6日、7日
  • 会場 夢の島公園(東京都江東区夢の島)

主な催し物編集

第39回編集

  • 開催日 2006年(平成18年)11月3日、4日、5日
  • 会場 夢の島公園(東京都江東区夢の島)
  • 料金(参加券)
    小学生以下及び障害者は無料。
    • 一般券
      • 前売2300円 当日券2500円
    • 割引券(中学生高校生、学生、70歳以上)
      • 前売1500円 当日券1700円

主な催し物編集

一覧編集

第31回までは、主に『日本共産党の七十年 上・下・党史年表』(新日本出版社、1994年/平成6年)の関連記述による。会場の欄で都道府県名のない市区町村はいずれも東京都。

回次 開催日 会場 参加者数 備考
第1回 1959年(昭和34年)11月8日 浜離宮恩賜庭園(港区) 2万人
第2回 1960年(昭和35年)10月2日 武蔵野市 3万人
第3回 1961年(昭和36年)11月5日 浜離宮恩賜庭園(港区) 4万人
第4回 1962年(昭和37年)11月11日 多摩湖畔(現・東大和市・東村山市) 5万人
第5回 1963年(昭和38年)10月20日 6万人
第6回 1964年(昭和39年)9月27日 6万人
第7回 1965年(昭和40年)10月17日 8万人 書記長宮本顕治インドネシア共産党への弾圧を糾弾
第8回 1966年(昭和41年)10月9日 8万人 この回より「アカハタ祭り」から「赤旗まつり」に改称
第9回 1967年(昭和42年)10月8日 8万人 いわゆる羽田闘争と同じ日で、この開催により新左翼
日本共産党への不信感を募らせた
第10回 1968年(昭和43年)10月27日 6万人
第11回 1969年(昭和44年)10月5日 代々木公園(渋谷区) 10万人
第12回 1970年(昭和45年)11月1日 多摩湖畔(東大和市・東村山市) 8万人
第13回 1971年(昭和46年)10月31日 8万人 幹部会委員上田耕一郎ニクソン訪中歓迎論を批判
第14回 1972年(昭和47年)9月23-24日 13万人
第15回 1973年(昭和48年)9月23-24日 十数万人
第16回 1974年(昭和49年)9月22-23日 10万人
第17回 1975年(昭和50年)10月10-11日 12万人
第18回 1976年(昭和51年)10月9-11日 調布飛行場跡地(調布市) 27万人
第19回 1977年(昭和52年)10月8-10日 27万人
第20回 1979年(昭和54年)6月2-3日 20万人
第21回 1980年(昭和55年)4月5-6日 15万人
第22回 1981年(昭和56年)5月3-5日 23万人
第23回 1982年(昭和57年)5月2-5日 光が丘公園練馬区 27万人
第24回 1983年(昭和58年)10月8-10日 夢の島公園(江東区) 20万人
第25回 1984年(昭和59年)5月3-6日 調布飛行場跡地(調布市) 30万人
第26回 1985年(昭和60年)5月3-4日 大泉緑地(大阪府堺市) 24万人
第27回 1986年(昭和61年)5月3-5日 調布飛行場跡地(調布市) 20万人以上
第28回 1987年(昭和62年)10月9-11日 20万人 党創立65周年記念、スタニスラフ・ブーニン出演
第29回 1988年(昭和63年)10月8-10日 青海緑道公園(江東区) 20万人
第30回 1990年(平成2年)5月3-5日 東京湾埋立7号地(辰巳)(江東区) 20万人 社会主義崩壊論、体制選択論を批判
第31回 1991年(平成3年)11月2-4日 米軍立川航空基地跡地(立川市) 24万人
第32回 1992年(平成4年)11月 夢の島公園(江東区)
第33回 1994年(平成6年)5月
第34回 1995年(平成7年)11月
第35回 1997年(平成9年)11月1-3日
第36回 1998年(平成10年)11月
第37回 2001年(平成13年)11月2-4日 20万人
第38回 2002年(平成14年)11月2-4日 20万人 党創立80周年記念
第39回 2006年(平成18年)11月3-5日 20万人 ソウル・フラワー・ユニオン出演
第40回 2010年(平成22年)11月9-10日 10万人以上 ペギー葉山出演
第41回 2014年(平成26年)11月1-3日 15万人 八代亜紀出演

脚注編集

  1. ^ 第41回協賛広告より
  2. ^ アイヌ民芸品(第40回)など
  3. ^ 北アフリカ料理(第40回)
  4. ^ 小池あきらツイッターオフ会(第40回)
  5. ^ しんぶん赤旗日刊紙

外部リンク編集