メインメニューを開く

喜連川町(きつれがわまち)は、かつて栃木県中東部に位置していたである。塩谷郡に属していた。宇都宮市への通勤率は9.3%(平成12年国勢調査)。奥州街道の宿場町であり、江戸時代には古河公方足利氏)の末裔が治める喜連川藩が置かれていた。

喜連川町
廃止日 2005年3月28日
廃止理由 新設合併
氏家町喜連川町さくら市
現在の自治体 さくら市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 栃木県
塩谷郡
団体コード 09387-4
面積 75.47km2
総人口 11,056
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 矢板市・氏家町・大田原市
小川町南那須町
町の木 アカマツ
町の花 ゴビニシキ
喜連川町役場
所在地 329-1492
栃木県塩谷郡喜連川町喜連川4420-1
外部リンク 喜連川町 (Internet Archive)
座標 北緯36度43分7.9秒
東経140度1分28.8秒
喜連川町の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト

2005年3月28日氏家町と新設合併してさくら市となり、廃止された。

地理編集

  • 河川:荒川 (喜連川の名は荒川を指しているという説がある[1]

歴史編集

沿革編集

行政編集

  • 町長:滝政夫(2005年閉町時)

地域編集

教育編集

  • 栃木県立喜連川高等学校
  • 喜連川町立喜連川中学校
  • 喜連川町立金鹿小学校
  • 喜連川町立河戸小学校
  • 喜連川町立喜連川小学校
  • 喜連川町立穂積小学校
  • 喜連川町立鷲宿小学校

交通編集

空港編集

鉄道路線編集

東北本線宇都宮線)・氏家駅より東野交通による路線バスが運行されている。明治時代末期から大正時代の間は喜連川人車鉄道が存在していた。

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集