四万十川ウルトラマラソン

四万十川ウルトラマラソン(しまんとがわウルトラマラソン)とは毎年10月中下旬に四万十川流域で開催されるマラソン大会である[1]。2023年時点で29回を数える[2][3]

概要 編集

フルマラソンよりも長い、ウルトラマラソンと呼ばれる100kmマラソンの部と60kmマラソンの部が併設されている。 高知県四万十市と高知県高岡郡四万十町にまたがるコースで、毎年10月中、下旬の日曜日に開催される。コースの特徴は、四万十川の景色を堪能でき、名物の沈下橋を渡ることである。

参加費の一部が四万十川の清流保全のために寄付される[4]。2023年の参加応募は46都道府県から両コース合計1963人[2]から寄せられ、参加者は合計1530人だった[1]

また休止を挟んで再開した記念に、土佐くろしお鉄道は2023年10月15日、宿毛駅(3:40発)–中村駅(4:05着)間に臨時列車を運行し片道の運賃を無料とした[5]

競技種目 編集

定員、完走者は2023年時点の数値

  • 100kmの部 定員1600人[6]、完走者1073人[2]
  • 60kmの部 定員500人[6]、同60キロ457人[2]

制限時間 編集

18回大会

  • 【100kmの部】14時間[4]、男子走者の1位は6時間52分28秒でゴール[1]
  • 【60kmの部】9時間30分[4]
  • 一定の距離ごとに関門があり、所定の時刻までに到達しなければ、競技の中止が命じられる[4]

主催 編集

  • 幡多地区陸上競技協会
  • 四万十町
  • 四万十市

後援 編集

協賛 編集

協力 編集

出典 編集

外部リンク 編集