国ノ音 治三郎(くにのおと じさぶろう 1880年(明治13年)1月25日 - 1960年3月20日) は明治時代の大相撲力士。本名:大野治三郎。年寄楯山。

略歴編集

岐阜県席田郡仏生寺村出身。 愛知相撲の三ツ湊に入り、緑島と名乗る。その後三ツ湊により東京相撲の友綱に預けられ、1900年1月友緑で序ノ口。

1903年5月国ノ音に改名。1905年1月三段目、その年日露戦争に従軍し、勲八等白色桐葉章となる。小柄で出世に乏しかったが、現役時代に師匠の姪を妻とした。年寄の資格は幕下以上と当時制限されていたが、1910年6月友響と改名し、好成績で1911年2月幕下に昇進し、その場所限り引退。年寄楯山となる。友綱部屋の番頭格であり、のち熊ヶ谷(元・荒玉)の廃業後、清瀬川などを連れ楯山部屋を起こしたが実質は清瀬川が師匠であった。清瀬川の引退後清瀬川が起こした伊勢ヶ濱部屋に移った。のち幡瀬川を養子に迎え、1944年に千賀ノ浦(幡瀬川)に楯山を譲り、浅香山となった。1953年頃中気になり、48年間年寄として在籍し1959年1月限り廃業、1960年3月20日死去、80歳。最高位幕下の親方としては最後であった。

一時期浅香山(国ノ音)、養子の楯山(幡瀬川)、楯山の養女婿の荒磯(照国)と年寄三代が協会に名を連ねていた。[1]

土俵歴編集

  • 1900年1月 - 序ノ口。
  • 1903年5月 - 国ノ音に改名。
  • 1911年2月 - 幕下、その場所で引退。年寄楯山に。

参考資料編集

「年寄名跡の代々 楯山代々の巻」 月刊相撲 1995年8月号 ベースボールマガジン社

  1. ^ 「大相撲名力士100選」 小島貞二 秋田書店 1972年