メインメニューを開く

国康親王(くにやすしんのう、生年不詳 - 寛平10年3月15日898年4月9日))は、平安時代初期から前期にかけての皇族仁明天皇の第六皇子。官位四品上野太守

国康親王
続柄 第54代仁明天皇の第6皇子
身位 親王四品
敬称 殿下
出生 不詳
山城国
死去 寛平10年3月15日898年4月9日
配偶者 不詳
子女 兼覧王?
父親 仁明天皇(第54代)
母親 藤原賀登子藤原北家 藤原福当麻呂の娘)
役職 上野太守
テンプレートを表示

経歴編集

仁寿4年(854年四品上野太守に叙任されるが、病弱なため出仕に堪えず斉衡3年(856年出家[1]寛平10年(898年)3月15日薨去

官歴編集

日本文徳天皇実録』による。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本文徳天皇実録』斉衡3年4月26日条
  2. ^ 本朝皇胤紹運録