メインメニューを開く

源 光(みなもと の ひかる)は、平安時代前期の公卿仁明天皇皇子(第三源氏)。官位正二位右大臣正一位西三条右大臣を号す。

 
源光
時代 平安時代前期
生誕 承和12年6月2日845年7月9日
死没 延喜13年3月12日913年4月21日
別名 西三条右大臣
官位 正二位右大臣正一位
主君 清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 仁明源氏
父母 父:仁明天皇、母:百済王豊俊娘
兄弟 道康親王宗康親王時康親王
人康親王本康親王
国康親王常康親王貞登成康親王、新子内親王、親子内親王、
平子内親王、柔子内親王、眞子内親王、重子内親王、久子内親王、時子内親王高子内親王
静、浄、興、賢
テンプレートを表示

目次

経歴編集

第一親等の皇族ながら、多くの兄弟と共に姓を賜って臣籍降下する。貞観2年(860年従四位上に直叙され、翌貞観3年(861年次侍従に任ぜられる。のち、美作守相模権守讃岐権守と地方官を歴任。貞観18年(876年正四位下左兵衛督に叙任され、相模権守・播磨権守と引き続き地方官を兼帯した。

元慶8年(884年光孝天皇の即位後参議に任ぜられ公卿に列す。宇多朝に入り、寛平3年(891年従三位中納言、寛平9年(897年権大納言と昇進する。

醍醐朝において、昌泰2年(899年)大納言に昇進するが、昌泰4年(901年)に発生した昌泰の変においては、藤原時平と結託し菅原道真を失脚させた張本人の一人とされ、道真の後任として正三位右大臣に叙任、邸宅の場所に因んで西三條右大臣と称された。のち、東宮傅右近衛大将を兼帯し、延喜3年(903年従二位に叙せられる。延喜9年(909年左大臣・藤原時平の薨去に伴い、太政官の首班を占めて左近衛大将を兼ね、翌延喜10年(910年)には正二位の高位に昇った。

延喜13年(913年)3月12日に鷹狩に出るが、不意に塹壕の泥沼の中に転落して溺死。遺体が上がらなかったことから、世人はこれを道真の怨霊の仕業として畏れ慄いたと伝わる。享年69。最終官位は右大臣兼左近衛大将正二位。死後、正一位追贈。なお、後任の右大臣には彼や時平とは違い、道真に好意を持っていた藤原忠平が就任した。

官歴編集

注記のないものは『日本三代実録』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:仁明天皇
  • 母:百済王豊俊の娘[2]
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:源静
    • 男子:源浄
    • 男子:源興
    • 男子:源賢

光やその兄弟を祖とする源氏の一群は、後世において仁明源氏と称された。光の孫の源満仲の女婿となり、嵯峨源氏源綱(渡辺綱)を養子としたことで知られる。またその後に出た源年は、立石盛国の姉妹と結婚し、間に儲けた盛行立石氏を名乗る事となった。彼から4代目の子孫が法然である[要出典]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『公卿補任』
  2. ^ 三松俊雄編、栗原信充考『百済王三松氏系図』

出典編集