メインメニューを開く

成康親王(なりやすしんのう、承和3年12月(837年[1] - 仁寿3年4月18日853年5月29日))は、平安時代初期の皇族仁明天皇の第八皇子。位階無品

成康親王

続柄 仁明天皇第八皇子
全名 成康(なりやす)
身位 親王
出生 承和3年12月(837年
死去 仁寿3年4月18日853年5月29日)(享年18)
父親 仁明天皇
母親 藤原貞子
テンプレートを表示

経歴・人物編集

幼い頃より背が高く堂々としている様子で、成人のような志を持っていた。仁明天皇からこの様子を奇とされ寵愛されたという[2]嘉祥3年(850年)の天皇崩御後、数年も経たないうちに、疱瘡を患って仁寿3年(853年)4月18日に病没した。享年18。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本人名大辞典』
  2. ^ 『日本文徳天皇実録』仁寿3年4月18日条

参考文献編集

  • 『日本人名大辞典』講談社、2001年