メインメニューを開く

貞 登(さだ の みのる/ のぼる)は、平安時代前期の貴族仁明天皇の皇子。母は三国町(三国氏の娘)。官位正五位下紀伊権守

 
貞登
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
改名 深寂→貞登
官位 正五位下紀伊権守
主君 清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇
氏族 仁明源氏
父母 父:仁明天皇、母:三国町
兄弟 文徳天皇宗康親王光孝天皇
人康親王源多本康親王源冷
国康親王常康親王成康親王
源光源覚、新子内親王、親子内親王、平子内親王、柔子内親王、眞子内親王、重子内親王、久子内親王、時子内親王高子内親王源効
テンプレートを表示

目次

経歴編集

承和年間初頭(835年ごろ)に源朝臣姓を与えられ臣籍降下する。承和12年(845年)生母・三国町が藤原有貞との密通を疑われて更衣を廃されたことから、属籍を削られて出家して深寂と称した。嘉祥年間末(851年ごろ)には、兄・文徳天皇から時服月料を与えられている。天皇の体調が思わしくない時には時康親王(のち光孝天皇)らと共に薬の毒見を行ったが、出家の身であったため崩御にあたって財産処分に与ることができなかった[1]

その後、俗世間で生活するようになり子女も儲けたが、身分は僧侶のままで貫附する所もなく朝廷への出仕もできず、零落した状況にあった。そのため、貞観8年(866年)兄弟の時康親王・本康親王らによって還俗して本姓に復すことを上奏されて許され、貞朝臣登の姓名を与えられると共に、正六位上への叙位と右京一条の一坊への貫附がなされた。なお、元の源朝臣姓に戻されなかったのは、生母に過ちがある者は源氏とはしない、との嵯峨上皇の遺志によるためという。[1]

貞観9年(867年従五位下叙爵。貞観14年(872年土佐守、貞観15年(873年大和権守清和朝にて地方官を歴任する。陽成天皇の即位後間もない貞観19年(877年)正月に従五位上に叙せられ、元慶9年(885年備中守寛平4年(892年越中介、寛平5年(893年紀伊権守と清和・陽成・光孝宇多朝の四代の長きに亘って専ら地方官を歴任した。寛平6年(894年正五位下に至るが、没年は不詳。

勅撰歌人として、和歌作品が『古今和歌集』に1首採録されている[2]

官歴編集

注記のないものは『日本三代実録』による。

脚注編集

  1. ^ a b 日本三代実録』貞観8年3月2日条
  2. ^ 『勅撰作者部類』
  3. ^ a b c d e 『古今和歌集目録』

参考文献編集