メインメニューを開く

本康親王(もとやすしんのう、生年不明 - 延喜元年12月14日902年1月26日))は、平安時代初期から前期にかけての皇族仁明天皇の第五皇子。官位一品式部卿八条宮と号した。

本康親王

続柄 仁明天皇第五皇子
称号 八条宮
全名 本康(もとやす)
身位 一品・親王
出生 不明
死去 延喜元年12月14日902年1月26日
子女 雅望王廉子女王元子女王 他
父親 仁明天皇
母親 滋野縄子
役職 上野太守
弾正尹
兵部卿
式部卿
テンプレートを表示

経歴編集

承和15年(848年元服仁明朝末の嘉祥2年(849年四品に叙せられ、翌嘉祥3年(850年上野太守に任ぜられる。

清和朝貞観2年(860年弾正尹、貞観5年(863年兵部卿を歴任し、貞観13年(871年)三品に叙せられる。陽成朝に入り、元慶7年(883年)二品に叙せられ、翌元慶8年(884年式部卿に任ぜられている。その後は長く式部卿を務め、時期は不明ながら一品に叙せられている。

醍醐朝延喜元年(902年)12月14日薨去。最終官位は一品式部卿。

人物編集

調合に優れた。現存する日本最古の薫物指南書である『薫集類抄』に処方が伝わる21種の薫物のうち、5種(梅花・侍従・黒方・薫衣香・百和香)で本康親王による処方が伝わっている[1]。その方法は沈香を主に甲香丁子白檀などを合わせ、1日につけたあと乾かしたり、一晩馬糞の下に埋める、といった独特のものであった[2]。また、『源氏物語』において紫の上が「八条の式部卿の御方を伝へて」とあり、本康親王の処方を伝授していた設定となっている[3]

日記があったものの散逸しているが、一部が『西宮記』に逸文として伝わっている。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 田中[2004: 3]
  2. ^ 『朝日日本歴史人物事典』
  3. ^ 『源氏物語』梅枝
  4. ^ 『日本紀略』

参考文献編集