本康親王

仁明天皇の五男。一品・式部卿。子孫は仁明源氏・仁明平氏。子に行忠王(従四位上、山城守、子に平佐幹(正五位下、三河守)、平佐忠(正五位下、安芸守)-清忠-業任-慶尋(延暦寺、駿
本康親王
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不詳
薨去 延喜元年12月14日902年1月26日
別名 八条宮
官位 一品式部卿
父母 父:仁明天皇、母:滋野縄子
兄弟 文徳天皇宗康親王光孝天皇人康親王源多本康親王源冷国康親王常康親王貞登成康親王源光源覚源効
雅望王廉子女王元子女王
テンプレートを表示

本康親王(もとやすしんのう)は、仁明天皇の第五皇子。母は参議滋野貞主女・縄子官位一品式部卿八条宮と号した。

経歴編集

承和15年(848年元服仁明朝末の嘉祥2年(849年四品に叙せられ、翌嘉祥3年(850年上野太守に任ぜられる。

清和朝貞観2年(860年弾正尹、貞観5年(863年兵部卿を歴任し、貞観13年(871年)三品に叙せられた。陽成朝に入り、元慶7年(883年)二品に叙せられ、翌元慶8年(884年式部卿に任ぜられている。その後は長く式部卿を務め、時期は不明ながら一品に叙せられた。

醍醐朝延喜元年(902年)12月14日薨去。最終官位は一品式部卿。

人物編集

調合に優れた。現存する日本最古の薫物指南書である『薫集類抄』に処方が伝わる21種の薫物のうち、5種(梅花・侍従・黒方・薫衣香・百和香)で本康親王による処方が伝わっている[1]。その方法は沈香を主に甲香丁子白檀などを合わせ、1日につけたあと乾かしたり、一晩馬糞の下に埋める、といった独特のものであった[2]。また、『源氏物語』において紫の上が「八条の式部卿の御方を伝へて」とあり、本康親王による薫物の処方を伝授していた設定となっている[3]

日記『八条式部卿私記』があり、朝廷公事の記録を主目的とした私日記の先驅的存在と見なされている[4]。日記自体は散逸したが、一部が『西宮記』に逸文として伝わっている[2]

勅撰歌人として、『続後撰和歌集』に和歌作品1首が入集している[5]。また、70歳の賀において紀貫之素性法師が詠んだ和歌が『古今和歌集』に採録されている[6]

「琴師」と呼ばれた高橋文室麻呂からを学び[7]、本康親王の琴の演奏に感動した菅原道真が作った漢詩「感吏部王弾琴、応制(一絶)」が残っている[8]

官歴編集

注記のないものは『六国史』による。

系譜編集

系図纂要』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 田中[2004: 3]
  2. ^ a b 『朝日日本歴史人物事典』
  3. ^ 『源氏物語』梅枝
  4. ^ 竹内理三「口伝と教命」『律令制と貴族政権 第2部 (貴族政権の構造)』御茶の水書房、1958年
  5. ^ 『勅撰作者部類』
  6. ^ 『古今和歌集』第7-352,353
  7. ^ 『日本三代実録』貞観6年2月1日条
  8. ^ 『菅家後集』474
  9. ^ 『公卿補任』仁和5年源融条
  10. ^ 『日本紀略』

参考文献編集