メインメニューを開く

源 覚(みなもと の さとる)は、平安時代前期の貴族仁明天皇の皇子。官位正四位下宮内卿

 
源覚
時代 平安時代前期
生誕 嘉祥2年(849年
死没 元慶3年10月20日879年11月7日
官位 正四位下宮内卿
主君 清和天皇陽成天皇
氏族 仁明源氏
父母 父:仁明天皇、母:山口氏
兄弟 道康親王宗康親王時康親王
人康親王本康親王
国康親王常康親王貞登成康親王、新子内親王、親子内親王、
平子内親王、柔子内親王、眞子内親王、重子内親王、久子内親王、時子内親王高子内親王
済、、都
テンプレートを表示

目次

経歴編集

仁明天皇の皇子として生まれるが、源朝臣姓を与えられ臣籍降下する。貞観11年(869年従四位上に直叙され、翌貞観12年(870年次侍従に任ぜられる。その後、右京大夫を務めると共に、但馬守美濃守と地方官を兼ねる。またこの間、貞観17年(875年清和天皇儒学者らと共に『群書治要』を読んだ際に講席に侍し[1]、貞観18年(876年)清和天皇が譲位した際には左馬寮の監護を務めている[2]

陽成天皇が即位した翌年の元慶元年(877年)正四位下・宮内卿に任ぜられ、元慶3年(879年)8月に送伊勢斎内親王使を務めるが、同年10月20日卒去。享年31。最終官位は宮内卿正四位下。

人物編集

聡明鋭敏な質で、幅広い学識があった。有能な官吏として賞賛されたという[3]

官歴編集

日本三代実録』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『日本三代実録』貞観17年4月25日条
  2. ^ 『日本三代実録』貞観18年11月28日条
  3. ^ 『日本三代実録』元慶3年10月20日条

出典編集