国立公園

国が指定し、その保護・管理を行う自然公園

国立公園(こくりつこうえん、: National park)とは、自然保護の目的でが指定している公園である[1]

イエローストーン国立公園 (世界最初の国立公園)
イエローストーン国立公園
(世界最初の国立公園)
アルゼンチンの国立公園
アルゼンチンの国立公園

概要編集

国際自然保護連合(IUCN)は、管理の介在の度合いによって保護地域を6つに区分し、そのうちのカテゴリーIIを国立公園としている。それによると、国立公園は「生態系の保護とレクリエーションを主目的として管理される地域」[2]とされる。

一方で多くの国ではIUCNの定義とは独立に国立公園を規定している。IUCNの定義ではカテゴリII以外に該当する保護地域が、国立公園と呼ばれていることも多い。国立公園は、一般的には国家により管理されているものと理解されるが、オーストラリアオランダのように州政府により管理されている場合もある。[3]。世界には、運営が民営化され、事業として成り立っているケースもある。アメリカの経済学者であるミルトン・フリードマンは、国立公園を政府が運営しなくてはならない理由はないとしているが、国立公園は国が管理することが国際的に見ても標準となっている。

IUCNの定義に適合する国立公園は、世界に約7,000存在し、その中で世界最大のものは1974年に設立された北東グリーンランド国立公園である。

歴史編集

世界最初の国立公園は、1872年に第18代アメリカ合衆国大統領ユリシーズ・S・グラントによって指定されたイエローストーン国立公園である。この当時、イエローストーン国立公園のある現在のアイダホ州モンタナ州ワイオミング州はまだではなく、準州であったため、連邦政府が管理することになったものである。[4]

イエローストーン国立公園に続いて、オーストラリアでは1879年にロイヤル国立公園Royal National Park)が、カナダでは1885年にロッキー山脈公園(現在のバンフ国立公園。なお、ロッキー山脈公園法の制定は1887年)が、ニュージーランドでは1887年にトンガリロ国立公園(なお、トンガリロ国立公園法の制定は1894年)が設立された。

ヨーロッパで最初の国立公園は1909年スウェーデンで設立された9つの公園で、2010年現在ではヨーロッパには359の国立公園がある。アフリカで最初の国立公園は、1925年設立のアルバート国立公園(現在コンゴ民主共和国ヴィルンガ国立公園)である。

アジアでは、1934年に日本で瀬戸内海国立公園雲仙国立公園霧島国立公園の3か所が最初の指定を受けて、1936年にインドでヘイリー国立公園(現在のジム・コーベット国立公園が設定された。

世界各国の国立公園編集

以下、日本語になった各国の国立公園記事を中心に、五大洲あいうえお順)別に、各洲内でも国名はあいうえお順に列挙する。

アジア編集

日本では自然公園法に基づき、日本を代表する自然の風景地を保護し利用の促進を図る目的で、環境大臣が指定する自然公園のひとつである。国定公園が都道府県に管理を委託されるのに対し、国立公園は国(環境省)自らが管理する。日本の国立公園の面積の約60%が国有地である[5]

アフリカ編集

アメリカ編集

北アメリカ編集

中央アメリカ編集

カリブ海地域編集

南アメリカ編集

オセアニア編集

ヨーロッパ編集

2015年現在、ロシア連邦には49か所の国立公園がある[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集