メインメニューを開く

国立病院機構八雲病院(こくりつびょういんきこうやくもびょういん)は、北海道二海郡八雲町にある病院。北海道随一の小児期発症神経筋疾患専門のマネジメントセンターになっている[1]北海道八雲養護学校を併設している。数年後を目途に病院機能を国立病院機構北海道医療センター国立病院機構函館病院に移転し、八雲病院を廃止する方針になっている[2]

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構八雲病院
National Hospital Organization Yakumo Hospital.JPG
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構 八雲病院
英語名称 Yakumo National Hospital
前身 陸軍病院航空部隊病院→札幌陸軍病院八雲病院→国立札幌病院八雲分院→国立八雲病院→国立療養所八雲病院→国立八雲療養所→国立療養所八雲病院
標榜診療科 小児科、小児神経科、内科、整形外科、歯科
許可病床数 240床
開設者 独立行政法人国立病院機構
病院事業管理者 石川幸辰(病院長)
開設年月日 1944年
所在地
049-3198
位置 北緯42度15分02秒 東経140度15分47秒 / 北緯42.25056度 東経140.26306度 / 42.25056; 140.26306 (国立病院機構八雲病院)座標: 北緯42度15分02秒 東経140度15分47秒 / 北緯42.25056度 東経140.26306度 / 42.25056; 140.26306 (国立病院機構八雲病院)
二次医療圏 北渡島檜山
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1944年昭和19年):「陸軍病院航空部隊病院」として創設[1]
  • 1945年(昭和20年):「札幌陸軍病院八雲病院」として発足[1]厚生省移管に伴い「国立札幌病院八雲分院」となる[1]
  • 1948年(昭和23年):「国立八雲病院」として独立[1]
  • 1953年(昭和28年):「国立療養所八雲病院」と改称[1]
  • 1956年(昭和31年):「国立八雲療養所」と改称[1]
  • 1961年(昭和36年):療育指定医療機関指定[1]
  • 1969年(昭和44年):再び「国立療養所八雲病院」と改称[1]
  • 2003年平成15年):診療報酬の不正受給問題が発覚[3]
  • 2004年(平成16年):独立行政法人移行に伴い、「国立病院機構八雲病院」と改称[1]

機関指定編集

  • 保険医療機関
  • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関

診療科等編集

診療科

部門

  • 看護部
  • リハビリテーション科
  • 薬剤科
  • 研究検査科
  • RST(呼吸器サポートチーム)
  • ホームケア室
  • 療育指導室
  • 医療安全管理室

施設認定編集

  • 日本小児神経学会小児神経専門医研修認定施設[4]
  • 日本呼吸療法学会呼吸療法専門医研修施設[4]

アクセス編集

北海道道42号八雲北檜山線沿いに位置している。

関連施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 病院案内パンフレット, p. 2.
  2. ^ 八雲病院の機能移転について (PDF)”. 国立病院機構 八雲病院 (2015年6月5日). 2017年4月3日閲覧。
  3. ^ 八雲病院診療報酬不正受給問題で「療養費払い制度」適用へ”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2003年11月13日). 2017年4月3日閲覧。
  4. ^ a b 研修医・専修医募集ガイドブック 施設紹介&募集要項 (PDF)”. 国立病院機構. p. 7. 2017年4月3日閲覧。

参考資料編集

  • 病院案内 (Flash)”. 国立病院機構 八雲病院. 2017年4月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集